« 極端なダイエットは人気にかげり? | トップページ | 減量のために - 賭けてみよう! »

2008年4月 2日 (水)

太る理由:プラークとパラサイト?

Newlogo本当にウンザリするような話題だ。こういう話はいくらでもありそう。このSuzanne Gudakunstって人は本当に医者なのだろうか?彼女のサイトを調べれば経歴もわかるかもしれない。けれど、そんなことをする時間も無駄なような内容だ。

確かに人を指導するときカリスマ性があればやりやすい。彼女も人を操るのが上手なのだろう。信頼されると少々間違っていることを言っても人はついてくる。だから、冷静に判断するためには自分から知ろうとする態度が必要だ。知識は力なり。

Banner_03

太る理由:プラークとパラサイト?
The Reason We're Fat: Plaque and Parasites?

「衝撃的な事実」...「減量できないのは、意志の力や、過食、正しい食事をしているかどうかの問題じゃない!...太って不健康な理由は、気持ちの悪いプラーク(細菌叢)と恐るべし小さな "生き物" を消化管に持っているからだ!」

最近こんな宣伝に出くわして、耐え難い怒りを感じ、読み続けるとすくんでしまうような思いになった(これは車の事故を目撃するような感覚だ)。ここにSuzanne Gudakunst医師のサイト(topsecretfatlosssecret.com)に書かれている言葉をいくつか紹介しよう;

・有害なプラーク - 誰もが持っているけど、病気にならず健康な体型でいるためには、必ず即座に除去しなきゃならない。

・もしそうしなかったら、減量なんてできないだろう(どんなダイエットをしようとも、どんなにエクササイズに励もうが)、そして身体を蝕んでいって死に至るだろう。

・有害なパラサイト(寄生虫) - 誰もが持っている。もし飼い続けたら胃、小腸、大腸の中で出血を引き起こす。そして身体はむくみ、体重は増えて病気がちになる。それから何年も何年も寿命を縮めることになる。

・そうそう、99.8%の医者は君たちを病気にさせておくんだよ、そりゃあこうやって彼らは生活してるんだからね。

・医者のほとんど、ダイエットのカリスマに、フィットネスのプロ達は君たちに嘘ばっかり言っているよ。普通の人には訳の分からない話をするしね

・今、行動を起こさないと、長生きできないよ。

・私は君たちの親密な友達になって「Yesterday」を歌いたいんだよ。

・ここに衝撃的な事実を君たちに示そう。日本は、牛肉や乳製品のアメリカ合衆国からの輸入を禁止している。日本の政府の動きを知っている人はほとんどいない! - これは彼らの持っていない「不自然なもの」が我々の食事には満ちあふれているということだ!


大丈夫 - 彼女が解決法を持っている!

たった#37ドル(プロバージョン)か$57ドル(ハードコアエリートバージョン)で、Suzanne医師は君たちに秘密を教えてくれるだろう。彼女のプランはハーブやその抽出物、有機成分をベースに考えられたものだ。「減量できる秘密は何も非現実的なことではない、何か特別なものが必要でもない、ましてや生き方を変える必要なんてない。」と彼女は言い切る。

本当に確認すべき事は

私ははっきり言って途方に暮れた... こんな馬鹿げた主張に対して言う言葉なんて何もない。こんなインチキが見えないし、彼女がわめき散らす戯言を見抜くことができない人がたくさんいることにガッカリしている。

ちょっと科学的な事を言えば、パラサイトは確かに苦痛の原因になるけれど、この医者が言うほど流行しているわけでは無い。Gudakunst医師は非常にマイナーな部分をすっ飛ばしている。

私の忠告:パラサイトを避けるため、Gudakunst医師と彼女の減量の秘密を明らかにすることだ。

|
|

« 極端なダイエットは人気にかげり? | トップページ | 減量のために - 賭けてみよう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/40742414

この記事へのトラックバック一覧です: 太る理由:プラークとパラサイト?:

« 極端なダイエットは人気にかげり? | トップページ | 減量のために - 賭けてみよう! »