« 野菜は減量のための理想的な食べ物になれるか? | トップページ | 減量サングラス »

2008年4月11日 (金)

幼児から学べる5つの驚くべき方法

ToddlerNewlogo自分でも感じるが本当に身体を動かさなくなっている。スキップやジャンプなんて最後にいつしたことやら。床の上を這い回る事なんて何年もしていないだろう。

変化のある運動をして体中の筋肉を使うということは大事だろう。毎日ちょっとでいいから身体を動かすようにしよう。

Banner_03<--気に入ったらクリックしてください。

幼児から学べる5つの驚くべき方法
5 Amazing Things You Can Learn from a Toddler

正しい食事とエクササイズをする意志がぐらついてしまっているなら、毎日幼児がどんな生活を送っているかメモをしてみよう。

1.一日中動き回っている。 私の息子は起きてから寝るまで常に動き回っている。彼は行くところどこでも、走って、ジャンプして、ホップして、スキップするカロリー消費マシーンだ。理由もなく床の上を這ったりでんぐり返りもする。子供から教訓を得よう - 動けば動くだけエネルギーを必要とするから、どんどんスリムになるだろう。

2.お腹がいっぱいになると食べるのを止める。
子供はお皿を綺麗にする必要が無いと思っているので最後の一口を止める事ができる。一口だけクッキーを食べて立ち去ることができる。あなたはお腹いっぱいなのに、最後の一口を残さないようになったのはいつです?今日から止めてみよう。思っているより小食だということに気づくだろう。

3.自分の裸を見るのが好きだ。
子供達は自分の身体を自慢してどんな不完全な場所、擦り傷や痣でも気に入っている、もし自分の身体を批判し続けているのなら、自分のためにある身体に感謝する時間を取った方がいい。身体なしじゃ何もできないんだから。

4.子供達は柔軟性がある。
子供達はプリッツェルみたいた。曲がって捻っていて、どんなところにも手が届く。なせ?だって毎日練習しているからね(1の理由から)。大人になると十分なストレッチをしなくなるから柔軟性を失う。毎日数分でいいからストレッチかヨガをする時間を取ろう。

5.子供達はよく寝る。
日中にお昼寝をして夜は早く寝るから子供達は絶好調でいられる。彼らのバッテリーはいつも新しく朝にはフル充電される。自分自身を振り返って十分な睡眠を取ったのはいつですか?テレビ、コンピューターを消して、電話を切って、ぐっすりと眠りなさい。


Lisa Gulley氏は個人トレーナーから専業主婦になって2歳の男の子達と公園に散歩に行ったりする。時間があるときはランニングをしたり、忙しい親のためのブログサイト「Workout Mommy」を主催して楽しんでいる。彼女のモットーは「ワークアウトの力を決して甘く見ないで」。

|
|

« 野菜は減量のための理想的な食べ物になれるか? | トップページ | 減量サングラス »

コメント

はじめてのコメント!久々にホームページを拝見いたしました。
ブログがリニューアルしていてどこから開けばいいのだろう、中身が一杯です。
全部一度にに読めないので少しずつひらいてみよう。
今日のテーマはこども、考えてみた事もなかったけど、なるほどです。

果てさて、日曜日の天気が気になる今日この頃。
晴れるといいですね。

投稿: さすらいの薬屋M | 2008年4月11日 (金) 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/40847950

この記事へのトラックバック一覧です: 幼児から学べる5つの驚くべき方法:

« 野菜は減量のための理想的な食べ物になれるか? | トップページ | 減量サングラス »