« 砂糖は必要なモノを持っている | トップページ | ライティング・ダイエット:減量のための独創的なアプローチ »

2008年3月19日 (水)

砂糖は過食を止めることができる

先ほどの古い広告の続きで、1971年の雑誌広告、本当にこういうのを見ると国民の7割が肥満傾向のアメリカって怖い...

砂糖は過食を止めることができる
Sugar Can Help Prevent Overeating

ここに好都合な「ダイエット妙技」がある:ランチのちょっと前にアイスクリームを食べよう - そうするとランチタイムの食べ過ぎを予防できる。

良いアドバイスだね?本当だと思う?
Sugarad_4
砂糖は食欲を抑えるための意志力になれる。お腹が減ったときというのは、普通はエネルギー量が減ったときだ。砂糖の含まれているものを食べることで、即剤にエネルギーを回復することができる。実際、砂糖はこの世の中でもっとも速く燃焼できる食べ物だ。君のエネルギーがアップすると、食事時に食べ過ぎないための意志の力をもつチャンスが得られる。なんて甘いアイディアだと思わない?砂糖...テーブルスプーン一杯でたったの18kcalで、エネルギーそのものだ。

これは、栄養士の業界団体が宣伝したときにできたポスターだ。Sugar Information Inc.は本当にすばらしい(皮肉で)広告を60年代から70年代にかけて数多く使った。どれもテーマは砂糖がエネルギーの源だということ。

本当に笑えるのは、今のこの時代は人工甘味料が旋風しているにも係わらず - 我々は太り続けている。

この写真は1971年のWoman's Dayから取り込まれたもの(LiveJournalのMiss Tiaによるスキャン)

|

« 砂糖は必要なモノを持っている | トップページ | ライティング・ダイエット:減量のための独創的なアプローチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 砂糖は過食を止めることができる:

« 砂糖は必要なモノを持っている | トップページ | ライティング・ダイエット:減量のための独創的なアプローチ »