« 5口ダイエット | トップページ | 張り合うな:ダイエットとエクササイズの共通性 »

2008年2月28日 (木)

マイティー・フォーム・ローラー

おもしろいジム用品がある。フォーム・ローラーって日本ではどうなんだろう?売っているところはあるのだろうか?少々気になる商品ではある。値段が安いので手に入れたいな。リンクされているサイトで詳しい説明だされている。日本語のサイトでいい情報があれば教えてください。

マイティー・フォーム・ローラーDb_foam_roller
The Mighty Foam Roller

「$20ドルのマッサージセラピスト」「プールの玩具みたいなやつ」「罰当たりなフォーム」

何と呼ぼうと、このフォーム・ローラーは効果的で、経済的なんだけど、ほとんど使われていないジム用具である。だいたい$20〜30ドルで、運動能の改善、こわばった筋肉のストレッチ、脳と筋肉協調性を効率化して、自立行動を改善させる。どうしてなのかここで説明しよう。

フォーム・ローラーの基本:

基本概念はフォーム・ローラーの上で体重をかけて転がるだけ、筋肉と筋膜に生じる硬さをマッサージして解すこと。運動生理学者は、このコンセプトを「筋筋膜リラクゼーション・セルフテクニック」と呼んでいる。

筋膜、筋伸張反射や自律制限に関して詳しく説明しないけど、簡単に要約すれば、トリガーポイント(筋肉繊維には過敏なスポットがある)が生じやすい構造が生じやす部分をフォーム・ローラーを使ってマッサージしてやると軟部組織(筋肉、腱、靱帯、筋膜等)の質を改善させ、結局のところ身体全体の動きの質も良くなる。

やってみよう:

スポーツ・フィットネス・アドバイスには、トリガーポイントに関して詳しい説明と、すばらしいエクササイズ・ガイドが紹介してある。通っているジムにフォーム・ローラーがあるなら、使ってみるか、使って有用だと思えば購入することも考えてみたらどうだろう。

転がるときの感覚は、優しい当たりから誰かに筋肉をハンマーで叩かれたようなものまである。この感覚は部分部分で異なる。私は自分のクライアント(自分に対しても)に、痛みを感じれば感じるだけ、その部分にはマッサージが必要だと説明している。そうは言っても、耐えられるぐらいにして鍛えよう。

心肺機能のトレーニングをした後にフォーム・ローラーをしなさい(ウェートトレーニングをする前)。それかすべてのワークアウトをした後もいい。自分が既にやっているルーチンのストレッチ運動の代わりにするか加えるといいだろう。若干気色悪いと思うかもしれないが、私の個人的な経験から言えば、やった後は気持ちよくなるし、私のクライアントも同意見だ。

フォーム・ローラーを使ったことがあります?やってみよう。

|
|

« 5口ダイエット | トップページ | 張り合うな:ダイエットとエクササイズの共通性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/40301107

この記事へのトラックバック一覧です: マイティー・フォーム・ローラー:

« 5口ダイエット | トップページ | 張り合うな:ダイエットとエクササイズの共通性 »