« ペプシ・ロー | トップページ | 5口ダイエット »

2008年2月26日 (火)

ダイエットを失敗する5つの理由

ダイエットを成功させるには色々な秘訣が必要になるだろう。秘訣と言っても大げさなものでは無く、単純な行動の組み合わせになる。今日紹介するdiet-blogの記事はそんな注意すべき5つの行動の話で、どんなダイエットをしていても参考になるだろう。以前紹介した「レコーディング・ダイエット」なら、(2)と(4)が当てはまる。

ダイエットを失敗する5つの理由
5 Reasons Why Your Diet Is Failing

もし減量を目的としてるなら、食事習慣に注意を払う必要があるだろう。

なんと呼ぼうと - ダイエットかヘルシー食事プログラムだろうと - 特に注意をする必要があるシンプルな習慣をここでとりあげよう。

1.何を飲んでいるのか? 平均的なアメリカの食事のうち22%強のカロリーを飲み物から摂っているという事実を知っていましたか?少ししか食べない友達が1人いる - 彼はいつも体重を気にしている - けど、ビールを飲んで何百カロリーも摂っている。
2.分量に対して歪んだ感覚 膨れあがっている一人前の食事量は、肥満率の増加の陰で主要な理由の一つになっているに違いない。食事量に係わらず、目の前に出された食事を食べてしまう傾向があるとう研究報告(後で説明しよう)もされている。

食べている食事量にもっと注意を払うことを学ばなければならない。もしくは、目の前にある食事を半分に分ける「ハーフ・トリック(後で説明しよう)」のようなテクニックを使うのもいいだろう。

3.不十分な睡眠 ダイエットのアドバイスをしていて睡眠の話は奇妙に思えるかもしれない。しかし、十分な睡眠と成功した体重管理の間には関連性がある。長く起きていればそれだけ食べ過ぎてしまう(特に夜の間)。睡眠はホルモンの働きと関連があり - 新陳代謝では重要な役割を担い食欲をコントロールしている。

ここにより良い睡眠をとるためのチップを紹介しよう(後で説明しよう)。

4.忘れっぽい 記憶の抹消っていうのを聞いたこと無いですか?ある年に大失態をして悪評高い政治家が、次の年になったら、何事も無かったように振る舞うってやつ。同じことがダイエットでも起こっている。

何を食べているのか全く気にしないで食べるのは簡単なことだ。食べ過ぎを感じる前に、自覚して注意深く食べることで、十分なカロリー量を維持するチャンスを得られる。

5.食事を抜く まだまだ議論の余地があるということは認めざるを得ない。ある人にとって明らかに他人より職回数が少ないけれど体重を維持して健康的な人もいる。しかしながら、食事を抜くという行為はしばしば、その後の食事で悪い選択をしてしまうものだ。よいタンパク質の含まれた食事は満足感をもたらしその後に起こる馬鹿食いの予防になるだろう。

|
|

« ペプシ・ロー | トップページ | 5口ダイエット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/40276326

この記事へのトラックバック一覧です: ダイエットを失敗する5つの理由:

« ペプシ・ロー | トップページ | 5口ダイエット »