« Drunkorexia(ドランクオレキシア)ってなんでしょう? | トップページ | ファーストフード vs フルサービスレストラン:どちらがまし? »

2008年1月22日 (火)

日課のランニングで効果的に減量する方法

ランニングを習慣化しても体重が落ちなくなりませんか?私も定期的に走っているけど体重は落ちない。運動をしていなかった人はランニングを始めると最初は減るけど必ず下げ止まる。この理由を書いている記事があるので今回はReal Muscle Onlineからの記事紹介。やっぱり理想的な体型を得るためにはそれなりの努力が必要である。頑張ろう。

もし減量を試みたいなら、日課のランニングを続ける中にチャンスはある。しかしながら、習慣的なランニングは、考えているより体重減少の効果はない。だからと言って、ランニングシューズを捨ててしまわないように。より速く脂肪を燃焼するため、走りを変えるすばらしい方法がいくつかある。

なぜ習慣的なランニングは効果がないのか?自分のペースでランニングをすることが減量に良くないと言っているわけではない。毎日30分のランニングをする人は不健康になったり肥満を引き起こすチャンスは低くなるだけで、引き締まった身体にしようとしているのであれば、6つに割れた腹筋を使ってマシーンを使用しランニングのレベルを一段階上げなければならない。

習慣的なランニングの効果に制限がある一番の理由は、ランニングをするときの心拍数に慣れてしまうからだ。毎日同じペースでジョギングしたら、身体はそのスピードに慣れてしまいそれ以上頑張ろうとしない。もし、何度かスプリントを加えると、心拍数を増やすことができ、ランニング後の代謝も活性化させることができる。これは次の日の脂肪からのエネルギー吸収を減らし脂肪燃焼をすすめる。すべてにいい。

どうすれば手軽に減量させるためのランニングができるのか?
ここにいくつかの日課のランニングをより効果的に脂肪燃焼にかえる方法を紹介する。

1. 長く走る
二週間以上同じ距離を走っていると減量の効果は鈍ってくる。限界を引き上げてやると、からだはその変化に適応しなければならなくなる。これは進歩させるための唯一の方法である。したがって、ランニングをレベルアップさせるために強靱的な方法をとりたくなければ、段階的に距離を伸ばしていくとよい。あっという間に進歩する。

2. ウインド・スプリント(歩幅を広げ、力を抜いて短距離を流すように走る)
ウインド・スプリントは自分自身をトップアスリートのレベルまで引き上げる最も効果的な方法の一つである。やるべきことは、自分のペースで走り出し身体が温まったらスプリントを始める。ポストや木など適当なオブジェクトを走る方向に見つけてそのポイントまでスプリントで走る。目的のポイントに到達しても止まらず普通のペースにもどしてジョギングを続ける。これを走っている間続けるか息が上がるまで続ける。

3. ヒル(坂)
坂でのスプリントは脂肪を燃焼させる荒々しい方法。古代の戦士の多くが重い鎧を着て勾配のきつい坂を駆け上がり戦闘の訓練をした。これは非常に苦痛の満ちたエクセサイズの一つであるが結果が見えるのが非常に早い。

坂のスプリントで足を使えば使うほど、体重の減少のみならず筋力もついてくる。負荷される強度によりテストステロンと呼ばれるホルモンの分泌が増え、驚くべく嫌気性に筋肉の増強を引き起こす。坂でのスプリントは、それ自体で一つの完成されたワークアウトとなる。

4. グループで走る
もし友だちと走ったりグループで走ると、その中にちょっとした挑戦心が生まれてくるものだ。すると、「おまえよりちょっと速いぞ」的なレースが生まれ有効的な競争心なんてものは無くなる。他人と一緒に走るのはすばらしい方法だ。なぜかって言えば相手の力や進歩の度合いを直接知ることができるからである。私はいつもクライアントや友だちに話しているんだけど、自分より優れた人と一緒に走ったりエクセサイズするのがいい。そうすれば彼らになんとか追いつこうとするからで、自分自身でトレーニングするより早く進歩する。

友だちと走るのは健康にいい以上に、よりよい友だち関係を築くの優れた方法である。普通ならコーヒーショップやレストランで友だちと会うけれど、一緒に走ればより独創性と継続性を形成できる。それに友だちが自分のまったく知らないいくつもの場所に連れて行ってくれて驚くことでしょう。

まとめ
ランニングは健康と減量を新しいレベルに引き上げてくれる古典的な方法の一つである。健康的に簡単に実行可能でそれほど大きな努力や経験を必要としない。どんな方法でも自分の合ったランニングを始めよう。最も重要なことは、走るごとに少し負荷を加えていくことである。

|
|

« Drunkorexia(ドランクオレキシア)ってなんでしょう? | トップページ | ファーストフード vs フルサービスレストラン:どちらがまし? »

コメント

こんにちは。今年こそは楽しく体を鍛えようと先日より仕事仲間と草野球を始めました。早速張りきって練習に参加したところ、次の日から筋肉痛で大変な目にあいました。膝も痛いので7月までに5㎏減量しようと考えております。今夜から大好きなアイスクリームをフローズンヨーグルトにかえて減量がんばります!!先生のブログはとても参考になりました。

投稿: いのうえじゅん | 2008年4月10日 (木) 20時16分

こんにちは、初めて投稿させて頂きます。今月より高松に引っ越してきました。よろしくお願いします。ブログを色々と拝見させて頂きまして、この記事に最初にピンときたので投稿させて頂きました。僕も大学時代にワンダーフォーゲル部に入っておりまして、日々のトレーニングでランニングを取り入れておりました。確かにグループで走る事と、坂道をメニューに取り入れるのは有効な方法ですね。昔は減量というよりも、持久力を身につけるのに必死でしたが、36歳になった今、健康という意味でもランニングを開始したいなと思っている日々です。先生は日々どのあたりを走られているのですか?
また、近日中にお伺いさせていただきますので、今後ともよろしくお願いします。

投稿: yasupon | 2008年10月 5日 (日) 20時52分

こんにちは、ブログに不慣れでようやくやり方がわかり、投稿させていただきます。私もここ2~3年ほど前からメタボぎみで、運動をしないといけないと思っていましたが、ここ最近ようやく少しその気になり、半年程前から階段の上り下り、1週間前から4歳の子供と一緒に毎朝6:30頃から15分ほどですが、近くの公園で走り始めるようにしました。距離にしたらほんのわずかで笑われてしまいますが、継続が大事と思い今後も続けようと思っています。ブログ大変参考になりました。ありがとうございました。

投稿: 中さん | 2009年6月 9日 (火) 10時46分

中さん、コメントありがとうございました。
参考になって嬉しく思います。
エクササイズの強度は人それぞれなので、最初は15分で十分でしょう。
重要なのは、続けることと強度を上げていくことです。
頑張って続けて下さい。続けることでエクササイズがあなたにとって
欠かせないものになるでしょう。
「仕事があるからエクササイズができない」から「エクササイズがあるから仕事を切り上げる」っていう心境変化が起こるかも。
まあ、「いかに生きるべき考えなきゃ」ね(^_-)

投稿: 屋台ブルー | 2009年6月 9日 (火) 15時40分

以前の記事にコメントで申し訳ありません。オメガ3の記事を読んでいて感心してたところにこちらの記事。走り始めて2年以上になるのに全くと言っていいほど体重が落ちなくなって逆に増えてきてるこの現象がさっぱりでした。続けることが大事と時間と距離全く一緒にずーっと走っていました。やっと理由がわかってすっきりです。まずは速さを変えてみようかと思ってます!

投稿: いたこ | 2011年1月24日 (月) 09時28分

いたこさん、コメントありがとうございます!
走っていても慣れてしまうと体重は変化しなくなりますよね。
逆に走るとお腹が空いて食欲は増えちゃいますよ。
運動に変化を加えないと身体も変化してくれないもんですね。
お互い頑張りましょう。

投稿: 屋台ブルー | 2011年1月24日 (月) 10時34分

自分も鬱病に去年なりなにかいい気分転換をと考えランニングを始めました。若い時は痩せていましたが40代には86kgまでは確認ウエスト108cmでしたが病気も会社の対応が良かったせいかみるみる元気になりました(もともとパワハラです)体重も上記の経過の様に体重は65kウエストは80に今まで着ていたものは全てパーです(喜)しかし体重が落ちない為このHPを参考に今HILLトレーニングチャレンジ中です。体幹腹筋も始めました。あと3k落ちればと考え参考にさせて頂きました。ありがとうございました。

投稿: | 2013年9月18日 (水) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/17784751

この記事へのトラックバック一覧です: 日課のランニングで効果的に減量する方法:

« Drunkorexia(ドランクオレキシア)ってなんでしょう? | トップページ | ファーストフード vs フルサービスレストラン:どちらがまし? »