« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月31日 (木)

讃ボア(サヌボア)

-----2011年1月17日改訂-----
記事を掲載した当時、私は "Locavore" の日本語表記に「ロカボーア」と長音符を入れていましたが、最近ググると「ロカボア」の方が一般的になっているため変更することにした。自ずと「讃ボーア」は「讃ボア」に変更になりますよ。
-----以上-----

讃ボア(Sanuvore)ってなんぞや?とおもわれたでしょう。実はここの記事を書いたときに思いついた言葉である。

アメリカの「ロカボア(Locavore)」のコンセプト、The 100-Mile Dietの活動は既に日本でも「地産地消」という形で動いている。そこで、香川県、讃岐での地産地消の活動を「讃ボア(Sanuvore)」として名前をつけてみた。どうも私は新しい名前つけたがりですね。「讃ボア」に関連するサイトを調べてみた。

讃岐の食
かがわ地産地消協力店 県産食材 利用店

まず、上のリンクを手がかりにリストを更新していきたいと思う。読者の皆さん、なんでもいいから情報を教えてください。

昨年読んだ新聞記事に気になることが書いてありました。香川県の有機野菜をつくる農家の数は全国に比べるとかなり少ないということ。平成19年県別有機認定業者数を見てください。有機に関して香川県独自の基準があったけれど、JAS法(平成17年6月改正)が改正されて国の基準がより厳しくなったため認定事業者の数が減ったと香川県は弁解していた。平成20年度に有機野菜をつくる農家がどれほど増えるのか気になるところ。こういうデータを見れば必ずしも県産品が健康にいいかどうか解らないが、県民が地元の食材に目を向けるというところからクオリティーの高い農産物や畜産物が生まれてくると信じている。全国レベルを遙かに超えたすばらしい食材を作ってもらうためにも「讃ボア」運動を広げよう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

ロカボア(Locavore)になる方法

-----2011年1月17日改訂-----
記事を掲載した当時、私は "Locavore" の日本語表記に「ロカボーア」と長音符を入れていましたが、最近ググると「ロカボア」の方が一般的になっているため変更しますね。
-----以上-----

巷では、中国製の冷凍餃子が話題になっているけれど加工食品をほとんど食べない私は慌てる必要がない。これを契機に加工食品に依存しない生活習慣に戻るということを考えてみたらどうでしょう。しかしながら、例え加工食品に手を出さなくなっても中国製を避けることは非常に難しい。でも、今日のdiet-blogの話題のように、地産地消の運動を進めれば、もっと安全な食生活を送れると思う。ひとりひとりの意識改革が社会を変えていく。みなさんが賛同してくれると嬉しい。

続きを読む "ロカボア(Locavore)になる方法"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年1月30日 (水)

グッド・カロリー、バッド・カロリー

Logo_dietblog最近になってアメリカで話題になっている本がある。今日紹介するGary Taubes氏の書いた「Good Calories, Bad Calories: Challenging the Conventional Wisdom on Diet, Weight Control, and Disease」がそれだ。豊富な研究データを紹介し、現存するダイエット法を科学的に検証している。早速、彼の本をAmazon.comで注文した。今日の和訳はかなり意訳しているので悪しからず。

続きを読む "グッド・カロリー、バッド・カロリー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年1月28日 (月)

どうする?:本物の食事に戻る

今日のトピックは食生活に関してである。Michael Pollan氏のすすめる8つの項目は、私が食事指導の時にいつも話している内容と重なっている。3番目の項目のスーパーマーケットに関しても同意見であり、地方に住んでいる人には手軽に手に入る食材でも、住宅街に住んでいると難しい場合がある。スーパーマーケットを完全に避ける事はできないでしょう。そこで、スーパーで食材を選ぶポイントは加工されているかどうかであろう。パッケージに入っていない物を選んで買うといいでしょう。できれば有機素材を選びたいけど、機会が限られてしまうので、食品添加物や重金属、農薬の除去法を知るというのも重要である。それを体内から除去するためのデトックスも知っていればいいでしょう。

続きを読む "どうする?:本物の食事に戻る"

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008年1月26日 (土)

女性のための重量挙げ新しいルール

どうしても筋力トレーニングに抵抗のある女性がいる。年を重ねても体重に変化は無いけど肌にたるみが出ていませんか?年をとったから仕方ないと思っていませんか?運動習慣のない生活をしていると例え体重が増えなくても体脂肪率が増えてくる。これは裏を返せば筋肉量の低下を意味する。

筋肉量の低下は、そのまま日常生活活動能力ADL(Activities of Daily Living)の低下の原因となる。筋力トレーニングは美しい肉体美をつくりだすためだけでは無く、介護の無い自立した生活を送るため必須である。

また、年を取ったら美しい筋肉美は必要ないと思うのもナンセンスであろう。バランスの取れた美しいボディはスムーズに身体を動かす理想的な体型であり、幾つになってもそれに近づこうという姿勢が大事である。

私自身も中年という年齢になり、自慢できるような体つきではないけれど、理想的な体型に近づけようと努力している。食習慣でも運動習慣においても情報を取り入れ消化して実践していく「インフォーマティブ・ダイエット」を続けている。今日はdiet-blogから女性の筋トレに関するお話し。原本もオーダーしたので読んだら紹介しよう。

続きを読む "女性のための重量挙げ新しいルール"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年1月25日 (金)

スリムコーヒー:また別の悪徳ダイエット商品

日本もアメリカも同じですね。数多のダイエット商品が生まれ消えていく。目立たない商品を掘り起こし再び宣伝をして売り込む。何度も言ってるけど商品を出しているメーカーの宣伝文句だけを信じて飛びつかないこと。少なくとも第三機関の評価を見てみよう。diet-blogで紹介されているスリムコーヒーと似たような宣伝を日本でも見ると思う。騙されないでね。

続きを読む "スリムコーヒー:また別の悪徳ダイエット商品"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年1月24日 (木)

歩いて体重を落とそう:それも難しくなっているのか?

歩く歩数を一日一万歩って言うけど、この数字はどこから出てきたのでしょう。この疑問に答える研究をする人達がいて、報告がありました。またまたdiet-blogからの紹介である。歩くという行為は確かに身体に良いでしょう。でも忙しい生活の中で運動療法を望むなら、走った方がいいでしょう。走ったことがない人は、歩くことが始めればいいし、徐々にステップアップさせるといいでしょう。

続きを読む "歩いて体重を落とそう:それも難しくなっているのか?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年1月23日 (水)

ファーストフード vs フルサービスレストラン:どちらがまし?

関連記事:ファーストフード店の利便性と摂取量の関係(2011年10月26日)

今日は再び、diet-blogからの紹介。皆さんのお気に入りのファーストフードは何ですか?マクドナルドに関して言えば、日本の店舗数はアメリカに次いで2位である。まさにアメリカの巨大食品業界のコマーシャリズムに飲み込まれている。マックに子どもを連れて行く若い親を見ると悲しくなる。マックが大好きという子どもを見ると将来への不安をかき立てられる。私が変なんでしょうか?

続きを読む "ファーストフード vs フルサービスレストラン:どちらがまし?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年1月22日 (火)

日課のランニングで効果的に減量する方法

ランニングを習慣化しても体重が落ちなくなりませんか?私も定期的に走っているけど体重は落ちない。運動をしていなかった人はランニングを始めると最初は減るけど必ず下げ止まる。この理由を書いている記事があるので今回はReal Muscle Onlineからの記事紹介。やっぱり理想的な体型を得るためにはそれなりの努力が必要である。頑張ろう。

続きを読む "日課のランニングで効果的に減量する方法"

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

2008年1月21日 (月)

Drunkorexia(ドランクオレキシア)ってなんでしょう?

文:屋台ブルー <ライフログ・オーガナイザー>

今日は面白い言葉がdiet-blogに紹介されていた。日本でも飲むから食事を摂らないという人がいるでしょう。そんな人たちをドランクオレキシアという新しいスラングで表現する。ちょっとアメリカでは話題になったようだ。では、なんちゃって翻訳...

ドランクオレキシアは新しいスラング用語で、意味はアルコールを飲みたいから食事制限をすること。Anorexia(アノレキシア)は拒食症で、「酔う」という意味のDrunk(ドランク)と組み合わせた言葉。

この新しい言葉は、精神障害の診断のために使われているマニュアルDSM-IV(精神障害の分類と診断の手引き第4版)には載っていない。モーニングショーで、この行為による女性への影響を放映していた。

統計的に言えば、米国の18歳から24歳の若者の30%はアルコールをより多く飲みたいために食事を抜いている。

ここ数年で、若い女性の無茶飲みのパターンは、男性と同等になってきている。体重を維持するために、若い女性の多くは、飲み会がひかえていると、食事をスキップして出かける。

これは笑い事ではない。アメリカの大学生だけを見みると、毎年アルコールに関する事故で1400人の18歳から24歳の若者が亡くなっている。

過剰なアルコール摂取は、かなり身体に負担をかける自己治療の一種。悲しいことに、かなり多くの人が酔わないと楽しめないと思っている。

普通の生活で会う本当に面白い人は、しらふの時にクレージーで楽しみ方を知っている。決して酔っているときではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

いつまでもデブと思うなよ (新潮新書)

岡田斗司夫氏って誰?何者なのか知らなかったけど、本屋に並べられていた本の帯に写る強大なパンツに身を入れた細身なおじさんの絵柄にはインパクトがあった。「1年で50キロの減量に成功!」のふれ込みも人を惹きつける。そう、私も本書を手にしていた。

レコーディング・ダイエット、食事記録を詳細につけることで自分の食生活の行動パターンを認識し、改善させるという伝統的なダイエット法の説明であるが、なぜ、この本が売れているのだろう?

続きを読む "いつまでもデブと思うなよ (新潮新書)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年1月19日 (土)

腹筋マシーンを買うな:まずこれを読め

Newlogo[追記:08/11/28]「腹筋マシン」をキーワードにしてこのページ来られる人が多いので、腹筋マシーンに関してアップデイトのお知らせ。「腹筋マシーン:いいのある?」も併せてどうぞ。

先日、私の患者さんが「ブログを読んでます。」とおっしゃってくれて嬉しかった。少しずつではあるが訪問者が増えているようなので楽しみながら続けよう。

一昨日から紹介しているdiet-blogは、真面目に健康問題のトピックを扱っているのでこれからも紹介していく。ただ、アメリカ人の視点からみた話題なのでそのまま日本に受け容れられるかどうか解らない。でも言えることは、アメリカ人でも日本人でも宣伝に踊らされる人が多いということかな。今日は、アメリカでテレビ放映されている健康器具のテレビショッピングの話。ほら夜中に宣伝しているちょっと長めのコマーシャル番組。英語では「Infomercial(インフォマーシャル)」という、情報(インフォメーション)と宣伝(コマーシャル)を組み合わせた造語である。この時期アメリカでは腹筋マシーンの宣伝が多いみたいで、その警告記事

続きを読む "腹筋マシーンを買うな:まずこれを読め"

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2008年1月18日 (金)

フラットベリーダイエット

今日はアメリカで話題になっている新しいダイエットの紹介。ダイエットはビッグビジネスになっているので既存のダイエット法でも名前を変えれば話題になるということだろうか。皆さん、あまり踊らされないように。では、diet-blogからの記事紹介。

続きを読む "フラットベリーダイエット"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年1月17日 (木)

仕事先でヘルシーに食べる簡単な6つの方法

ランニングの話題だけでは私の趣味のページになってしまうのでそろそろ情報提供。ネットには情報があふれているから、ダイエットブログ(diet blog)をウオッチしよう。今日は仕事場で賢く食べる方法を紹介している。断っておくが、英語の記事を翻訳風に書いているだけで翻訳じゃない。食生活は地域や文化に密着してるから、そのまま訳しても有益な情報にならない事がある。勝手に変更しているけど文句を言わないでくださいな。この記事には「ゴールを設定して紙に書き出す方法は悪い習慣を打ち破る良い手段である。」というコメントがある。私もこれには同感だ。さあ、忙しい仕事場でいかに健康的になれるか考えてみよう。

続きを読む "仕事先でヘルシーに食べる簡単な6つの方法"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年1月16日 (水)

2008年宮古島100kmウルトラ遠足

Miyakojima_100先週末の連休は各地で様々な成人式が執りおこなわれ、参加された人もいるでしょう。私は、同じ週末に宮古島に飛んでいた。

恒例の宮古島100キロウルトラ遠足に参加するため。遠足は「とおあし」と読む。歩くんじゃなくて100キロ走る大会である。途中の関門は無いけど、制限時間は16時間。制限時間24時間のテレビの番組とは異なり、歩きだけだと完走できない。

初挑戦した昨年は11時間32分、自分でも驚くほどの好タイムで完走できた。今年は初挑戦の奥さんと一緒に走る記念すべき大会になった。

中間地点まで彼女と併走したためストストゆっくりペース。しかし、ハーフマラソンしか走ったこと無い彼女は48キロの中間地点までほとんど歩かなかった、驚きだ。パートナーと一緒に走れることに喜びを感じる。いつか一緒にゴールできる日を楽しみに彼女にエールを送る。

中間地点からは別々になり、彼女は75キロ地点でリタイア、私は14時間10分前後で完走した。中間地点から一人になってペースを上げようとしたけど、50年振りの夏日4日目、日中は26度を超える天候に足が進まない。

チリチリと容赦なく肌を焼く太陽光を避ける木陰の無い単調な道を、5キロ刻みの道標を目で探しながら淡々と走る。暑さでボーッとすると、iPodから聞こえるThe White StripesのBlue Orchidが耳障りになる。早送りのボタンを押すのも疎ましくなりイヤホーンを外す。しばらくの間はタッタッと鳴る自分の足音と息づかい、風と波の音の中を走る。

歩いたり走ったりする前方のランナーの背中を無心で見つめる。今は医者でも夫でもおやじでも無い、ただの走る人。走って風になれるような格好良さは無いけれど、自分の足音と気持ちが同期して空間を漂う息づかいになったように存在が軽くなる。

なんともしんどい大会だった。昨年よりも長い時間走った分、股擦れの痛みが酷くなった。レース前にワセリンを塗り忘れた失敗だ。けれども、それ以外はたいしたダメージを受けなかった。昨年のレース後に感じた健康障害を最小限にできたと思う。今日からでも通勤ランを再開できるぐらいは回復した。

そうなると心は既に次のウルトラマラソン、ムクムクと走りたいという気持ちが大きくなってくる。これは100キロ走った経験が無いと解らないかも知れない。でも、今回の参加者の平均年齢は50歳を超えていて、40歳代、50歳代からでも始められる競技なので興味を持つ人が一人でも現れると嬉しい。

写真撮影は垂見健吾さん。お世話になりました。写真右端が私で隣が奥さん

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2008年1月10日 (木)

マジンドール

-----平成21年10月10日加筆
現在当院における保険適応サノレックス使用数は2名で、すべてBMI値35以上の高度肥満症例である。保険適応外の場合は、当院の患者さんに限り1錠210円で処方している。

-----平成20年5月20日加筆
現在当院における保険適応サノレックス使用数は3名で、すべてBMI値35以上の高度肥満症例である。また保険適応外の使用数は1名で、保険適応外の場合は、当院の患者さんに限り1錠210円で処方している。

-----平成20年1月10日オリジナル
今朝、何気に見た朝のワイドショーでカリスマダイエット医師、風本真吾容疑者が逮捕される報道が流れていた。

肥満治療薬、マジンドールの不正販売疑惑。さてどんな薬だったか、?マークが頭に浮かぶ。後でサノレックスという言葉が出てピーンときた。

続きを読む "マジンドール"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年1月 9日 (水)

Nike+iPod 6

Nikeipod_6_1_3

実は、Nike+iPodの話も終わっていない。今日は最後の締めくくりとして、私が最もはまっている機能の紹介。

続きを読む "Nike+iPod 6"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年1月 8日 (火)

医師がすすめるウオーキング (集英社新書)

予防医学の話をしておこう。どうも最近ランニングの話題ばかりなので、走らない人には飽きられているみたい。正月休みに帰省していた弟の嫁さんからつまらなそうに言われた。

私はあんまり本を読まない。というか遅読なんで読む本が少ない。なんとか今年は多読しようと思っている。ちょっとずつだけど読んだ本の紹介。

メタボリックシンドローム対策の二本柱、食事療法と運動療法、どちらが重要かと訊ねられたら、食事療法だといつも答える私だけど、今回は運動療法の話題。まあ、どちらにしても習慣化させるのに苦労が伴う。

結局、実行しやすい方から始めるスタンスでいいと思う。しかし、どちらから入っても、いずれ両方の改善に取り組まなければ、迫り来るメタボな状態から逃れられないだろう。

今日は泉嗣彦(イズミツグヒコ)著の『医師がすすめるウーオキング』(集英社新書)の話。

続きを読む "医師がすすめるウオーキング (集英社新書)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年1月 7日 (月)

ランニングの記録

ランニングの個人記録を、そういえばまだ話していない。振り返ってみれば、UMMLの会長であり私の医局の先輩、現在は白石心臓血管クリニックの院長、白石先生に誘われてランニングの世界に入ったのは、2005年の夏。それから曲がりなりにもランニングを続けることで肉体的にも精神的にも健康でいられていると思う。無理な走りをして二ヶ月以上走れなくなったこともあるが、最近一年ぐらい筋肉痛以外の故障はない。このまま無理しないで今年の目標タイムを出したい。

クオーターマラソン12km 56分35秒
第1回高松ファミリー&クオーターマラソン(06/10/22)

ハーフマラソン 1時間42分50秒
第29回小豆島オリーブマラソン全国大会(06/5/28)

フルマラソン 3時間48分10秒
第27回瀬戸内海タートルフルマラソン全国大会(06/11/26)

ウルトラマラソン100km 11時間34分42秒
第11回宮古島100kmウルトラ遠足(07/1/13)

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2008年の目標

今までを振り返ってみて年始に今年の目標を立てたことがない。暦の上で年が変わっても生活は変わらないから仕切り直しをする気になれなかったのだろう。でも、結局ダラダラと同じような一年を送っている。なんとも情けない話で、やはり目標を持たなければ人として向上が見られない。長期の目標を持たず、来る日来る日のその日暮しをする子どものような生き方と前の奥さんに非難されたことを思い出す。こういう当たり前の事ができてないから人のすることを羨んだりする情けない状況なのかもしれない。10年、20年先の長期目標、4、5年先の中期目標、1年先の短期目標。何をしたいのか、何ができるのか、考えながら2008年の目標をたてる。不惑の四十なのに大人になりきれていない自分がいる。少しはダラダラとした生活から脱却せねばならないだろう。皆さんはどうですか。今年もよろしくお願いいたします。

今年のランニングの目標
1:フルマラソンで3時間30分以内
2:年間の走行距離3000km

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »