« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月31日 (月)

あしたさぬき.JP

Ashitasanukilogo市報に紹介されていた「地域ブログでつくるみんなのまち」プロジェクト。先日覗いてみたら、高松市民ならブログが持てるので、ここと同じタイトルのあしたさぬき版 Life-LOG を立ち上げた。以前に話したけど私のネット上のハンドルネームは「屋台ブルー」で田井外科の院長である。この地域ブログは新しい取り組みで、年内に参加でき嬉しく思うけど、これからココログ版とあしたさぬき版のLife-LOGをどのように活用していこうかまだ考えていない。基本的には保存容量の少ないあしたさぬき版では、記事紹介がメインになると思うけど、これから考えていく。それでは皆さん、良いお年を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月30日 (日)

高松市特色ある健康づくり実践学校

先だってのこと、私が校医をしている高松市立鶴尾中学の保険の先生が診察室にいらっしゃった。何かと思えば、来年の1月に開催される平成19年度高松市健康教育研究大会において「高松市特色ある健康づくり実践学校」として鶴尾中学校が選ばれ表彰されるという知らせだった。

案内状には賛辞として、「総合的な学習で、自らの食生活を振り返ることで問題意識を持ち、問題を解決しようとする意欲や食生活への興味関心を高め、課題別学習につなげるなど学習を深めた。また、学校医と連携し、学校保健委員会等で、保護者への啓発を図るとともに、生徒への専門的な指導も効果的に行った。」と書かれていた。少しでもお手伝いができたことに私自身も喜ばしく思う。

以前から、私がいる鶴尾地区の子ども達の肥満度は高松市の他の地区に比べ高いという統計データがある。子ども達だけでなく保護者も食に対する感心が低く知識が少ないと考え、情報を与えることで自分たちの行動変容を導こうとした。これからはこの成果として子ども達の肥満度が少しでも減少してくれればと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月27日 (木)

通勤ラン(リハビリラン)

北摂5時間走の後半で下肢の痛みが生じ、翌日の25日は朝から大腿と下腿の筋肉痛に襲われ階段の昇降が辛い。しかし、筋肉痛になるランを久しくしてなかったから、新しい筋肉に作り替えられると思えば逆に嬉しいかも。筋肉よ、強くなれと祈りながら2日間休む。今朝はかなり痛みも和らいでいる。前回の通勤ランが先週の金曜日、かれこれ1週間ほど通勤ランから遠のいている。通勤ランをするために1時間ばかり余計に時間が必要で朝の睡眠時間が短くなる、既に休み癖のついた身体は、まだ足も痛いから寝ててもいいじゃないと言うかのようにベットから離れない。明日からにしようかと本気で悩む。しかし、痛みが無くなるまで待つというのは、リハビリの重要性を日頃説いている自分に背いてしまう。実践、実践と自分に言い聞かせながら起床して通勤ランを始める。ジョグペース、私の場合はキロ7分ぐらいなんで、ゆっくり走り出す。外気温の低さと足のこわばりを感じて、踏み出す一歩に痛みを感じたが、身体が温まるにつれ和らぎ、仕事先につく頃は普段と変わらない状態になっていた。明らかに走る前より足が軽くなっている。身を以てリハビリの重要性を実感できるジョギングになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月26日 (水)

北摂5時間走

Hokusetsu_2クリスマスイブの午前5時に目覚まし時計が鳴り、午前6時には高松駅からマリンライナーに乗り込んでいた。目的地の大阪の東淀川豊浜地区河川敷に着いたのは午前9時頃。北摂URC(ウルトラランニングクラブ)が毎年開催している3時間・5時間走の集合場所、知り合いの先生に誘われて5時間走にエントリしていた。100km以上走る競技をウルトラマラソンと呼び、完走者はウルトラランナーと呼ばれる。そんなウルトラランナーが集まった北摂URCの練習会と聞けば、普通のランナーにさえ異様に映るだろう。私も3年前まで自分が100kmを走るなんて考えたこともなかったし、その世界を知らなかった。しかし、走り出してみればウルトラを完走するまでそんなに時間はかからなかった。心肺能力限界で走りを極めるフルマラソンより筋肉疲労に挑戦するウルトラマラソンの方が自分に合っていると思えたのは今年の宮古島100kmウルトラ遠足を完走できてからだ。息が上がらないペースで長時間走り続ける筋力は、やはり長距離を走る練習でしか培われない。そんなわけで、年の瀬、ましてやクリスマスイブなのに5時完走の練習会に来ている。やっぱり変人である。でも、それを企画する大阪のウルトラランナーも変な人たちだ。

朝の河川敷は透き通る青い空に覆われ冷たい空気は澄んでいる。一周4kmのコースを5時間グルグル回り続ける単調な練習だけど見慣れない場所なのでウキウキした気分になる。走り始めは快調、普段はPCの入ったバックパックを背をってキロ6分半程で走っているけど、身軽になった分、キロ5分半で走れる。今の自分の状態なら十分のペース、しかし、最初の26kmまでしかそのペースはキープできない。その後キロ6分に落ち込み、踏ん張ってキロ5分45秒に持ち直し42キロのフルマラソン地点で力尽きる。その後キロ6分、キロ7分に段階的に落ち、結局、合計12周48キロで練習を終えた。今の自分の状態は、なんとかフルマラソンを4時間切れるぐらいだろう。さあ、来年の宮古島100kmウルトラ遠足はどうなることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月22日 (土)

通勤ラン

「通勤ラン」をググってみると、通勤ランをされている人の存在を知る。しかし、私の記事が検索結果の2ページ目に出てくることを考えれば、やはり絶対数は少ないのだろう。自転車で通勤する人たちは多い。「自転車ツーキニスト」という言葉が生まれるぐらいなので本当に多いのでしょう。自転車ツーキニストに関連するサイトは数多く情報も多彩だ。羨ましく思うけどそういうページをふらふらしていて気になる事がある。「ツーキニスト」という新しい造語は、単純に考えれば、「通勤」+「英語の接尾語 ist」を組み合わせた言葉であり、意味は「通勤をする人」だと思う。したがって、「自転車」という言葉が頭にないと「自転車通勤をする人」にはならないだろう。しかし、ネット上では「ツーキニスト」=「自転車通勤をする人」と定義している人が多い。私には滑稽にみえるが、使う人が多くなれば、その意味が正しくなるのは悲しい。通勤ランをする人を「通勤ランナー」と普通言うけど、「ランツーキニスト」とか「ジョグツーキニスト」と言って対抗してみてもいいかと思う。「ツーキニスト」はあくまでも「通勤をする人」であると主張したい。どうだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月21日 (金)

Nike+iPod 5

音楽を絡めたランニングは私にとってメンタルな部分をリフレッシュさせる有効的な手段である。音楽による癒し効果に異議を唱える人は少ないだろう。しかし、ランニングの癒し効果に疑問を持つ人は結構いる。「走って苦しくなるのに癒し効果になるはずがない」と、言われることがあるけど果たしてそうだろうか。走り始めると最初は身体が重く息苦しさを感じるかもしれない。しかし、その苦しさから逃れるため、身体は麻薬に類似したホルモン、β-エンドルフィン(ベータエンドルフィン)を脳から分泌させる事ができる。このβ-エンドルフィンは脳内麻薬と呼ばれモルヒネの6倍の強さがあるため、苦しさを軽減させ、さらに快感や陶酔感をつくりだす。これは「ランナーズハイ」と呼ばれる状態である。女性の分娩時に痛みを抑えるためβ-エンドルフィンが増えるのも同様で、苦しみから逃れるための身体の防御反応である。このホルモンは別に身体に降りかかる苦痛から逃れるためだけに分泌されるのではない。癒しを感じる状況、先ほど述べたように音楽を聴いたり、心地よいマッサージを受けると分泌量が増える。β-エンドルフィンは更に身体の免疫能を高め癌化を防ぎ、老化防止の効果もある。まさに音楽とランニングは究極のリラクゼーションを導く手段だと私は思っている。
071221_1_3
それではNike+iPodの話に入ろう。実はNikeのサイトではモチベーションを高めるための数々の工夫を凝らしている。まずは自分のゴールの設定をしてみるといい。指定した期間内に走る回数、距離、カロリー、そして決められたペースを一月に何回走れるかというゴールを設定できる。私は距離のゴールを設定している。上に示しているのが私の現在の状態であり、なんとか今のところ設定距離を上回っている。面白いのは右上の「SHARE」と書かれているボタン、シェアとは他人と共有する意味であり、このページのリンクボタンや自分のページに情報を追加できる機能である。ちなみに「リンクをコピー」を使えばここに飛ぶ。されに「Webサイトに追加」を選べば下のようなリンクボタンができる。どうです面白いでしょう。


関連記事
Nike+iPod
Nike+iPod 2
Nike+iPod 3
Nike+iPod 4
Nike+iPod 5
Nike+iPod 6

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月15日 (土)

Site News

少しばかりカテゴリーの整理をしています。このブログに関するお知らせは「サイトニュース」、田井外科胃腸科医院に関するお知らせは「お知らせ」に分類されるのでお間違いなさらないように。また、このブログを始めるきっかけになっているThe South Beach Diet(サウスビーチダイエット)も終了したつもりはありません。メタボ対策の二本柱、食事療法と運動療法で、どちらが重要かと言えば食事療法と言っている私です。「サウスビーチダイエット」のカテゴリーから簡単にアクセスできるようにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月14日 (金)

Nike+iPod 4

どう?Nike+iPodに興味が湧いてきたかな?これから徐々に楽しい部分に触れていく。Nike+のサイトにアカウントを作るとスクリーンネームを指定しなければならない。私のスクリーンネームは「yatai-blue」、これは「屋台ブルー」という私のインターネット上のニックネームだ。なぜ「屋台ブルー」なのか?私の個人的な話に興味を持たれる人はいないので理由は割愛する。じゃあどうしてアルファベットなのか?この理由は説明する必要があるけどまた後で話そう。昨日も通勤ランをしたのだが、iPod(何度も言うけどiPod nanoのことね)をMacBook Pro(これは私の使っているノートパソコンです)にシンクケーブルで繋ぐと、瞬く間にウェッブブラウザが起動されてNike+のサイトがオープンされる。新規のデータがiPodに存在する時だけの仕様なので煩わしさはない。するとiPodに保存されているデータがNike+の自分のアカウントにアップロードされて画面表示される。
071213_1
これがランニングデータです。スクリーンイメージを使うと説明も理解もしやすい。このイメージをクリックすればオリジナルのサイズを見ることができるので説明を入れていく。上方左に注目すれば小さな写真がありますね。ここに私のスクリーンネームと自分で設定した写真があり、他のランナーが確認することができる。そこから右に移ると既に97回のランニングデータがアップロードされていることがわかり、合計で626.89km走っていてそのペースが 1km当たり6分31秒ということが示されている。ランニングを趣味としている人が集まって話をするときに良く話題になるのが自分のスピード、低速のランニングでもスピード話に花が咲く。しかし、「僕のスピードは時速12キロだよ」という言い方はしない。低速の競技ゆえ1時間単位というのが長すぎるからだ。やはり1km当たり何分かかるかというのが一般的でありわかりやすいのだろう。実際に1kmを走ってみればわかる。ランニングをしていない人でもちょっと走れば7分台で軽く走れる。それを6分台にするとちょっとしんどいと感じ、5分台で走るとゼイゼイ息をあげるかもしれない。日頃走っていなかったら4分台で1km走れないでしょう。オリンピック選手は3分台のペースで走るとんでもない連中ということが直ぐ理解できる。じゃあ、私のスピードは?6分31秒と言えば、決して速くもなく普通のジョギングをしているということがわかる。
071213_2
次は下へ移って左から今日走った距離6.68kmとかかった時間40分42秒が表示されている。その横にペース表示が6分5秒/kmと出ています。いつものペースより速い。その日は天気が悪くて雨がポツポツ降っていたから少しペースを上げて走ったからだ。私は気にしてないが433kcal消費したという表示も出ている。これは自分の体重から割り出した消費カロリーの概算である。ダイエット中の方々には目が留まるところかもしれない。そして、真ん中にドーンと表示されている蛇がうねっているよな黄色い線は、走った距離のペース配分を表示している。線が上がればハイペースで下ればペースが落ちているという意味である。では、今表示しているイメージを閉じて、次のイメージをクリックしてください。表示内容が変化していますね。蛇のくねった黄色い線上にドットがあり、そのドットにポインタを当てると、その時点までの距離とペースがポップアップ表示される。ちょうど1.23km地点でのペースが5分54秒/kmだったということがわかる。その後上り坂になったのでペースが落ちました。それともう一つ、背後に亡霊のように現れているグレーの線がある。これは今まで走った中からベストラップを表示しています。

と、ここまでNike+iPodの基本的な機能を紹介した。そろそろ私が最近はまっている話題に入れそうです。今日はここまで。


関連記事
Nike+iPod
Nike+iPod 2
Nike+iPod 3
Nike+iPod 4
Nike+iPod 5
Nike+iPod 6

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月13日 (木)

特定保健指導実施公示

平成20年4月からはじまる特定健診・特定保健指導の実施公示です。「カテゴリー」>「特定健診・特定保健指導」に詳しくお伝えしていく予定です。以下の表が読みにくければクリックしてください。フルサイズの表にリンクされています。また、お問い合わせは、ここにメールしてください。

Tokuteihokenshidou_kouji

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

特定健診実施公示

平成20年4月からはじまる特定健診・特定保健指導の実施公示です。「カテゴリー」>「特定健診・特定保健指導」に詳しくお伝えしていく予定です。以下の表が読みにくければクリックしてください。フルサイズの表にリンクされています。また、お問い合わせは、ここにメールしてください。
Tokuteikenshin_kouji

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月12日 (水)

Nike+iPod 3

なかなか核心に触れることのできないまま、Nike+iPod(ナイキ プラス アイポッド)の話題を続けています。こういう文章を書いていて歯がゆいことがある。それはIT用語の表記、いつも悩んでしまう。今使った「IT」という言葉、知っている人は自然と「アイティー」と読んでることでしょう。でも、年配者にそれを求められるのかどうか... 特に文章にするとき悩む。会話で「アイティー」と言って大丈夫なことは多くても、文章にするとたちまち壁になる。それはアルファベットの表記の問題がからむからでしょう。特にIT用語の場合、新語が多いため日本語までかみ砕かれる前に多用されるからであり、カタカナ表記を多くしている。しかし、英語の発音をカタカナにしているから、同じ言葉で数種類の表記が混在してしまい、文章を書いている方も混乱するんです。フジテレビ系で放送している明石家さんまさんの「さんまのまんま」の再放送で、「キス」と「キッス」の違いで世代がわかる話をしていた。どちらも「Kiss」、本当にIT用語には頭を悩まされるところだ。

また、変な話の前置きで始まりましたが、このブログの表記は私の独断と偏見により、英語表記を使っていく。すみません、英語嫌いの方々<(_ _)>。さて、昨日はiPodとPCの連携について説明しました。ハッキリ言って私の説明より、上手に説明される人が沢山いらっしゃるので、ネットサーフィンがてら探してみてください。雑誌や書籍にも同様の説明があるでしょう。取りあえず、iTunesの基本的な扱いはできているものとして話を進めよう。以前に話したNike+iPod Sport Kit(以下はSport Kit)ですが、装着できるのはiPod nanoだけ。ここで話すiPodはすべてiPod nanoなので、読み替えてくださいね。Sport Kitを購入して最初にすることは、受信機をiPodに接続すること。すると、メニューにNike+iPodという項目が現れます。このメニューは受信機を接続しない限り出てきません。ご心配なく、このメニューは受信機を外しても残ったままになる。ここで重要なのは、いきなり走らないでください、走る前に受信機を外してiTunesと同期させると、iTunesにもNike+iPodのタブが現れ、ネットに接続されてアップデイトの有無が確認されます。古いSport Kitは必ずアップデイトされます。次にNikeのサイトにアカウントを作ってください。前にも言いましたよね、このSport KitはNikeとAppleのコラボ製品なので、両者のサイトでアカウントが必要になるんです。どちらもフリーで作成できるので是非作ってください。くれぐれもパスワードを紛失しないように。

Nikeにアカウントができたら準備完了。送信機を靴に忍ばせることをお忘れ無く。気持ちよく走った後にiPodとiTunesを接続させると、Nikeのサイトに自動ログインされる(ちゃんと自動ログインの設定にしていればですけどね)。iPodに保存されたランニングのデータがNikeの自分のアカウントにアップロードされて保存される。個々のランニングの記録はiPodにも保存されるのですが、iPodに問題が生じて初期状態に戻してしまったら消失します。iTunesに保存される仕様にはなっていないので注意してください。必ず、Nikeのサイトにアップロードすることが大事だ。累積されていく走行距離が長くなるとワクワクすることでしょう。私もやっと合計ラン数が96になり合計距離が620km。ふー、まだまだ書くことありますが、今日はここまで。では。

関連記事

Nike+iPod

Nike+iPod 2

Nike+iPod 3

Nike+iPod 4

Nike+iPod 5

Nike+iPod 6



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月11日 (火)

Nike+iPod 2

そろそろ毎日走ることに慣れてきた頃です。皆さんはどうでしょうか?さて、Nike+iPod(ナイキ プラス アイポッド)について基本的な話を前回しました。音楽を聴きながら距離やペースを知ることができるという話をしましたね。今日はもう少し突っ込んでパソコンとの連動についてお話しします。まだまだ私のクリニックに来られる患者さんでパソコンを使っている人は少ないのですが、情報を得るためにインターネットを覗いている人は増えてきました。まだまだ敷居が高いと感じている人もいるかもしれません、でも生活の一部として使用している人との差を無くすためにもどん欲に知識を得てください。

前置きはこの位にして、iPodに興味を持たれたなら必ずPCかMacを購入する必要があります。既にiPodを持っている人は、このどちらかを使っていると思います。iPodはPCやMac無しで使えないミュージックプレーヤーでありインターネットへの接続を要求します。これはどうしようも無いことなんです。さっぱり解らない人たち、例えば、「PC」「Mac」「パソコン」という言葉を明確に理解できていない人は、かなり苦労するかもしれません。基本的な話を多く語れないので簡単な入門書を読まれることをお勧めします。iPodとパソコンを同期させられるようにしてください。

なぜ、「PC」か「Mac」が必要と言ったかと言えば、Windows XPかVistaの載ったPCか、MacOSXが載ったMacintoshコンピューターしか、「iTunes」というiPodを運用するアプリケーションが動かないからです。自分の持っているCDをiPodに取り込むためには一度パソコンに音楽を取り込んで、iTunesを使ってiPodに取り込ませるんです。iTunesはアップルのホームページからフリーでダウンロードできます。是非、自分の音楽ライブラリーをiTunesで作ってください。私は4600曲の音楽ライブラリーを保有しています。自分が持っている音楽のすべてです。この中から走るときのテーマミュージックを集めたプレイリストを作っています。パワーソングにはホワイトスネークの「Here I Go Again」を設定しています。このパワーソングは、走っていて気力が挫けそうになったとき、iPodのセンターボタンを長押しすると流れてくる曲で、自分のお気に入りの曲を設定できます。なかなか粋な機能ですね。以前にフルマラソンを走ったとき、後半35キロを過ぎたとき、同じペースで走っていた他のランナーを引き離すときパワーソングを繰り返しながら聴きハイペースで走ったことがあります。音楽はいいですよ。気力を維持させてくれる効果は絶大です。

あれれ、もう時間が来てしまいました。まだまだNike+iPodの核心に触れていません。また次回に続きを話します。では。

関連記事

Nike+iPod

Nike+iPod 2

Nike+iPod 3

Nike+iPod 4

Nike+iPod 5

Nike+iPod 6



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月 5日 (水)

Site News

新しいバーナーを用意しました。田井外科胃腸科医院の新しいロゴもデザインされて朝日新聞の地方版に掲載されます。これからも地域医療に貢献していきたいと思っています。では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月 3日 (月)

Nike+iPod

追記(08/11/20):プライベートのブログ(Life-LOG OtherSide)では、カテゴリー「ランニングの記録」や「高松市内のランニングコース」にNike+の機能を使ったエントリーを紹介している。興味があれば覗いてみてください。

運動を習慣化するにはそれなりの工夫が必要である。私の場合は、時間が無いから通勤時に運動をしようと努力してます。要するにランニングで通勤をしているのですが、続けるのが難しいんですよ。通勤ランと言えばかっこいいかもしれませんが、実際は色々な問題を抱えていて、天候に左右され、必然的に雨の日は車に乗ってしまい、雨の日が続くと腰が重くなり再び走り始められなくなってしまいます。家を出る時間も早くなければならないから朝の生活習慣を思い切って変更しなければならなくなるし、荷物が多いときも走れません。毎日のように今日は走ろうかどうしようか悩んでいたりします。でも走り終わった後に爽快な気分になると、今日は走って良かったと思っているんです。そういうわけで曲がりなりにも続けてこられたのでしょう。いつも朝の葛藤と戦っていたのですが、最近になり更にモチベーションを高めてくれるグッズを手に入れました。「Nike+iPod(ナイキ プラス アイポッド)」、パソコンメーカーのApple(アップル)とスポーツメーカーのNike(ナイキ)のコラボ製品です。音楽とランニングが好きな私のような人間には堪えられない魅力をこれは持っています。今日はこのナイキ プラス アイポッドのお話です。

続きを読む "Nike+iPod"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »