« 夏休み課外講習 | トップページ | MacJournal »

2007年9月 5日 (水)

ソフール

20070830159_2
ダイエットをしている患者さんが、先日ヨーグルトを持ってこられたんです。それがこの「ソフール」。「特定保健用食品」とくれば、なんだか身体に良さそうですね。「このヨーグルトは砂糖が入っていないから太りませんよね?」と訊ねられたように「砂糖不使用」というラベルが表に印刷されています。

確かに糖分が含まれていないような感じに見て取れます。それじゃあ「このヨーグルト甘くないんですか?」と訊き返したら、「甘くて美味しいですよ。」という答えが返ってきました。砂糖を使ってないけど甘いのです。どういう事でしょう。

20070830160_2
「じゃあ、ちょっと原材料を見てみましょう。」容器の横に印刷されている成分分析表を調べてみると謎が解けます。この成分分析表には、「熱量65kcal」と書かれています。熱量とはエネルギーのことで、このヨーグルトを1つ摂取すれば取れるカロリーです。じゃあ、この「65kcal」という値はどこから出てきたのでしょうか?

これはタンパク質、脂質、炭水化物の三大栄養素のエネルギー量の合計です。タンパク質1グラムは4kcal、脂質1グラムは9kcalで、炭水化物1グラムは4kcalになるので計算してみてください。ほら合計が約65kcalになるでしょ。ここで注目は炭水化物です。5.4グラムこのヨーグルトに含まれているんです。

えっ、砂糖なんてどこにも含まれて無いじゃないと言われそうですが、炭水化物は糖分だということを知らないか忘れてしまった人が多いのです。炭水化物とは多糖類と呼ばれて、糖が連なっている化合物です。砂糖はショ糖の事で二糖類に分類されます。

もう一度成分分析表を見てください。「ショ糖0g」と印刷されていますよね。確かに表のラベルに「砂糖不使用」というラベルは嘘じゃないようです。

では、ショ糖が使われていなくても、単糖類のブドウ糖が使われていたらどうでしょう?また二糖類でも「果糖」が使われてていたらどうでしょう?ショ糖以外の糖類はいくつかあります。これはすべて炭水化物の中に含まれるのです。

わかりましたか?砂糖が使われていないからと言って糖質が使われていないということではありません。これこそ食品メーカーが使っているトリックです。あえて「ショ糖0g」印刷しているところが、この会社のしたたかさですね。

|
|

« 夏休み課外講習 | トップページ | MacJournal »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/16351146

この記事へのトラックバック一覧です: ソフール:

« 夏休み課外講習 | トップページ | MacJournal »