« Site News | トップページ | 亀井戸水神市場 »

2007年7月21日 (土)

オフィシャルページ

Logo_green_trim<2016年5月30日改訂>
ブログ内の田井メディカルクリニックのオフィシャルページです。

Timetable_3

(旧)田井外科胃腸科医院から名称変更(2012年4月より)され、2015年6月から診療時間も変更があります。診療時間をご確認のうえご来院してください。

クリニックの特徴
「何でも診る」プライマリ・ケアを専門にするクリニックです。内科的疾患として、風邪やインフルエンザなど急性の感染症からから肥満に対するダイエット指導を含め、慢性疾患である糖尿病(インスリン自己注射管理)、喘息(吸入療法)、在宅酸素療法を含む慢性呼吸器疾患、狭心症や不整脈など循環器疾患のフォロー、関節リウマチでは生物学的製剤の管理、ウイルス性肝炎のフォロー、パーキンソン病など神経変性疾患や認知症への対応、外傷処置から骨折の保存的治療、変形性関節症に対する関節注射やブロック注射、皮膚疾患への対応、そして前立腺癌を含む男女の泌尿器疾患からうつ病を中心とした心への対応、そして高齢者医療で欠かせない骨粗鬆症や癌性疼痛を含む慢性疼痛の管理、そして寝たきりに対して在宅医療も提供することで患者さんを全人的にケアしています。高松地域包括支援センター(一宮)と密な連携も持ち一人暮らしの高齢者でも安心して地域で生活できるようにサポートしています。高次医療機関(香川大学医学部付属病院、香川県立中央病院、高松市民病院、高松赤十字病院、KKR高松病院、JCOHりつりん病院、香川県済生会病院など)と連携(K-MIX+による情報の共有化)も重視しており、患者さんの立場に立った医療を提供しています。

1) ダイエット外来(クリックしてください)(薬物治療も含めた指導)

2) 禁煙外来(クリックしてください)

3) ED治療薬(診察室で医師から直接受け渡し可)(クリックしてください)
ED治療ナビをみて来た人には注意すべきことがあります。クリックして詳細を確認してください。

4) AGA(男性型脱毛症)治療薬(クリックしてください)

5) サプリメント外来(サプリメント・アドバイザー常勤)2016年末にスタート予定

6) 日本体育協会公認スポーツドクター(2010年10月より)

7) 訪問診療
個別に対応しているためお問い合わせください。

田井メディカルクリニック
院長 田井 祐爾(タイ ユウジ)

- 日本抗加齢医学会専門医
- プライマリ・ケア認定医
- 高気圧酸素治療専門医
- 日本体育協会公認スポーツドクター
- 日本医師会認定健康スポーツ医
- 日本医師会認定産業医
- 高松市立鶴尾中学校学校医

香川県高松市田村町332-4
電話:087-866-7311
Fax:087-867-5021
電子メール:taigeka8667311@nifty.com

Taimedicalclinicmap

-----

<2012年4月4日追記>
オリジナルのエントリーを書いてから5年の月日が流れ、父親だった先代のつけたクリニック名称を変更する時がきました。これからは私なりに独自色を出していきます。まだまだかかりつけ医として若輩者で患者さんや周りの専門医の先生から教わっている毎日ですが、私自身「専門医」という肩書きもなくここまで頑張れているのも地域の皆さまとの繋がりがあるからだと思い感謝しています。さらに自己修練を重ね「プライマリ・ケア認定医」および「日本抗加齢医学専門医」を目指すという目標ができました。それが地域への恩返しでもあると思っています。
田井メディカルクリニック 院長 田井祐爾

-----

<2007年7月21日のオリジナル記事>
みなさん、こんにちは。私は院長の田井祐爾(タイユウジ)です。外科クリニックで働いているのにメタボリックシンドローム対策やダイエットプログラムに力を入れていたので不思議に思った方もいたでしょう。実はこのブログを始めた頃は副院長という立場でした。外科医である私の父親が立ち上げたクリニックだったので外科というイメージを色濃く残したネーミングになっています。その父に代わり今月の7月1日より私が2代目の院長になりました。私の専門は家庭医学、予防医学です。「かかりつけ医」として邁進しているしだいです。

来年から特定健診が始まります。より細かいケアをするためにもこのブログから発展して情報提供をしていきたいと思っています。では。

|
|

« Site News | トップページ | 亀井戸水神市場 »

コメント

はじめまして。

はじめてコメントさせて頂きます。

先生のブログを拝見させて頂きまして、生活習慣を変えようと志しました。

最近、不規則な生活で運動もままならず先生のご意見を生かそうと思っております。

まず普段の日常の目線から変える必要があると強く感じました。

また拝見させて頂きます。

失礼致します。

投稿: | 2008年7月30日 (水) 10時53分

22日掲載記事より、確かに新鮮な野菜や果物を毎日摂取したいけど一人暮らしで不摂生な生活を送る40代♂の私には現実問題難しいです。でも、そんな状態だからこそ少しでもと思い「カ○メ 野菜生活」というジュースをとるようにしています。使用されている野菜の種類・単位用量あたりの成分表示が明記されていますが、この分量で果たして必要な成分量が満たされているのか気になり始めています。

投稿: Mondo | 2008年10月27日 (月) 21時50分

こんにちは、久しぶりに投稿させて頂きます。ランナーは休んでいてもカロリー消費が多いとの記事ですが、私も過去に似たような体験をしました。と、いいますのも大学時代のアルバイトでホテルの居候をしていたことがあります。同世代の人達と2ヶ月間程、寝食を共にしていたのですが、クラブ(ワンダーフォーゲル部)に入っていた私は、食事の量が他の方よりも多く食べていたにも関わらず、体重に変化がありませんでした。しかし、他の仲間の中にはホテルの賄い料理に次第に体重を増やす人がおり、同じような食生活をおくっていても、このように太りやすい人と太りにくい人がいるもんなんだな~とその時に感じたことを思い出しました。
今回、この記事を改めて読んでその原因がミトコンドリアによるというのを始めて知りました。何かの記事で読んだのですが、太りやすい体質、太りにくい体質を決める要素はほぼ3歳までの食生活で確立されてしまうと聞いた事があります。やはりそれもミトコンドリアが影響しているのでしょうか?ちなみに私も3児の父親ですが、週末は決まってマックに行ってフライドポテトなどを与えてしまっていますが、このような食生活も改善しないといけないですね・・・。ついつい利便性が高いので利用してしまいますが、私の記憶のある限りでは親にハンバーガー屋に連れていかれた事は数回程度しかありません。親として子供の一生の体質に責任を持つことも大事な事なのかもしれないですね・・・。反省しております。

投稿: yasupon | 2008年11月 8日 (土) 22時58分

こんにちは久しぶりに投稿させて頂きます。最近、忘年会続きで、少しお腹周りがきつくなって来ている感があるyasuponです。先生の記事を拝見し、水分の多い食材をとることがダイエットに非常に有効というのは非常に参考になりました。自分も忘年会等でよく鍋を口にするのですが、白菜を初めとする野菜をよく摂るように心がけています。というのも非常に満腹感がありますし、何よりも旬であるからです。ダイエットを続けるにはこのように旬を楽しみながら、食材選びをするというのも非常に有効かもしれませんね。かくいう私も昨日のクリスマスパーティーでケーキを食べすぎ、糖分過剰気味ではありますが・・・。

投稿: yasupon | 2008年12月24日 (水) 16時46分

いつも楽しく拝見(拝読?)させていただいております。私自身は現在36歳ですが、最近になってお腹まわりが序々に気になりだしました。20歳代のころはウェストは常に72センチ前後をキープしてり、BMIも18前後だったのですが、最近は食生活はあまり変化が無いにも関わらず、ウェストは80センチオーバーとなってしまいました。まだ、BMIは24程度ですので肥満まではいかないものの、このペースでいけば40歳代に入るとどうなってしまうのが、心配な毎日です。自分自身の食生活で考えていることは、とにかく深酒をしないという事位で、栄養のバランスですとは妻にまかせっきりで無頓着です。もし、将来単身赴任をするような事になったらやはり栄養バランスを考えた食事をしないといけないんでしょうね・・・。自分もいつまでも家族とともに過ごせるとは限らないので、先生のブログを見ながら知識を蓄えていきたいと思う毎日です。

投稿: yasupon | 2009年2月 9日 (月) 14時23分

先日、社会人になって初めてインフルエンザに患ってしまいました。長年、インフルエンザから縁が無いと思っていましたが、久しぶりに39℃を超す高熱とはこれ程つらいものかと痛感させられました。「最近は薬があるので、もし患っても大丈夫。」とたかをくくっていましたが、例によってタミ○ル耐性ウィルスだったようで、全く熱が引かず、丸々3日間苦しみました。しかし、幸いにも家族がいてくれたお陰で精神的にも参ることなく過ごせる事ができました。いざ病気になった時、家族の支えというのは非常に大切だなあと痛感させられた日々でした。

投稿: yasupon | 2009年2月13日 (金) 15時52分

「健康への旅立ち」ですか?願望は常に持っていますが、中々実行には移せませんね。特に運動療法は。どうやれば長続きできるのでしょうか?やはり、興味あることからやることがいいのでしょうか?成功像を思い浮かべてそれに向かって実施するといいかもしれません。どちらにせよ、「継続実施」は難しいですね。皆さんの意見も聞かせて下さい。

投稿: REDMEN | 2009年3月 4日 (水) 11時39分

先日、高松でCAFEというものに初めて出掛けました。
おしゃれな外装と魅力的なメニュー?を売りに沢山のCAFEがある事は前々から気になっていたのですが、男一人で行くのもなかなかはばかられおったのですが、先生のお話を聞いて行ってみようと思った次第です。そこのCAFEはコーヒー1杯500円と庶民の私にとってかなりのお値段に感じましたが、いざ出されたコーヒーカップの周囲を見てみると黄金に輝く縁取りがなされており、マスター曰く「それは純金ですよ。」との事でした。純金で味わうコーヒーなるものは中々出会えないものと思いますし、ゆったりとした時間を過ごせました。これだけのCAFEが乱立しているからこそ各店も色々と特徴を出して頑張っているのでしょうね。また、新たなCAFE店を開拓してみたいと思った一日でした。

投稿: yasupon | 2009年3月27日 (金) 14時17分

yasuponさん、
そろそろ他の記事にコメントしてくれないかな...

投稿: 屋台ブルー | 2009年3月27日 (金) 15時08分

こんにちは久しぶりに投稿させて頂きます。高松での初めての春を迎えるyasuponです。今年、一番上の息子が小学校に入学しました。家から学校までは丁度1km位で、子供にとっては少々しんどいようで、毎日「疲れたー」と連発しています。私も子供の頃は毎日30分の道のりを小学校まで通っていました。大人にとっては短い距離でも子供にとってはものすごく遠く感じるみたいです。子供には友達とワイワイ話しながら通ったらすぐだよって言っていたのですが、ようやく今週あたりから友達との通学が楽しくなってきたようで、愚痴も少なくなってきました。やはりマラソンでも周りの景色を楽しんだり、好きな音楽を聴いたりと気をまぎらわせれば長い距離もそう感じなくなるものなんでしょうか?かくいう私は学生時代、走っていたのですが、いつも「早く終わらないかなぁ~。」と願いながら走る毎日でしたけど・・・(笑)

投稿: yasupon | 2009年4月22日 (水) 17時05分

yasuponさん、コメントは有り難いけど、
ここにコメントは...ね。

投稿: 屋台ブルー | 2009年4月23日 (木) 18時51分

いつも楽しく拝見させて頂いています!
食事、健康について、こちらのブログでこれからも勉強させていただきます!

投稿: ねこ | 2013年4月 5日 (金) 17時45分

これからもコメントお願いします。

投稿: 屋台ブルー | 2013年4月 6日 (土) 23時12分

今日は水曜日…ということは、七時まで診察なんですね!仕事上遅くに診察してもらいたいことがおおいので、こちらみたいなクリニックさんが増えたらいいのになぁ…

投稿: ねこ | 2013年6月12日 (水) 15時48分

初めて拝見させて頂きました。大変参考になるので定期的に拝見させていただきます。よろしくお願いします。

投稿: ますおさん | 2013年9月26日 (木) 12時26分

はじめての投稿なのです。
私は子どもがまだ小さいですので、ブログ参考にさせて頂きまして、健康に気をつけたいと思います。

投稿: まんのう人 | 2013年11月18日 (月) 16時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/15831457

この記事へのトラックバック一覧です: オフィシャルページ:

« Site News | トップページ | 亀井戸水神市場 »