« ウオーキングFAQ5-6 | トップページ | ウオーキングFAQ9-10 »

2006年4月18日 (火)

ウオーキングFAQ7-8

この日曜日「チェレンジ富士五湖」に参加する。もう一週間を切っています。昨年の11月にフルマラソン42,195kmを走って以来の長距離、ビギナーズコースではあるけれども、生まれて初めてフルマラソンよりも長い距離の77kmを走る予定です。昨年の6月頃から走り始めて一年ぐらいで長距離を走れるようになった自分に驚きですが、幾つになっても続けていれば進歩するんですね。なかなか決心がつかない人も取りあえず身体を動かしましょう。身体を動かさない限り何も始まりません。さあ、いい汗かきましょう。今日は引き続きウオーキングFAQです。

Q: ウオーキングをするときいつも手が腫れるんです、これは問題ですか?

A: 手が腫れるというのはよくあることです。歩くとき手を振れば血液が指先に流れ込むんですが、害はありません。しかし、気持ちの良いものではないでしょう、特に指輪をしている場合は。できれば歩く前に指輪を外しておくことが賢明です。

もし指の腫れが気になるようでしたら、歩いている途中で時々拳を握りしめてください。そうすれば指先から血液の戻りをよくします。握りしめるための小さなゴムのボールを持って歩く人がいます。

Q: 助けてください。私は下腿の前面が痛くなるんです。これは何ですか?

A: シンスプリントのように思えます。初心者のウオーカーによく起こる問題の1つです。急激にやりすぎたため生じたんです。脛と腓腹筋が使いすぎによって肉離れを起こし、脛に鋭い焼けるような痛みを生じて気がつきます。

シンスプリントを避けるために、距離とペースを徐々に上げていってください。そして、スピード練習をする前はいつでも時間をしっかり取って身体を温めてください。もしやり過ぎてしまったのならペースを下げて、また痛みがあるようでしたら、腓腹筋のストレッチをしてください。

近くの壁か木の前に真っ直ぐ立って、上体を前に倒し、両手のひらで壁か木で身体を支えてください。このとき踵はしっかりと地面につけておいてください。もしくは、ベンチに座って両足をしっかりと前方に伸ばしてください。まだ痛いですか?じゃあ、家に足を引きずって帰って、氷で15分間冷やしてください。皮膚が痛まないように、必ず氷をタオルで包んで置くことは忘れないように。

|
|

« ウオーキングFAQ5-6 | トップページ | ウオーキングFAQ9-10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/9651281

この記事へのトラックバック一覧です: ウオーキングFAQ7-8:

« ウオーキングFAQ5-6 | トップページ | ウオーキングFAQ9-10 »