« The South Beach Diet 49 | トップページ | The South Beach Diet 51 »

2005年9月 2日 (金)

The South Beach Diet 50

Ask Dr. Agatston(Dr. Agatstonに聞く)

卵とコレステロール?
Eggs and Cholesterol?

Q: 私は最近になり高コレステロール血症と診断されました。内服はしていません。私があなたの本で読んだのは、卵は善玉と悪玉の両方のコレステロールレベルを上昇させるということです。コレステロール値の高い人は卵の量を制限すべきなんでしょうか?ω3強化卵を買うのが賢明なんでしょうか? - メリッサ

A: 卵はしばしばいわれのない非難を受けます。真実は、昔から思われている程悪くないということです。コレステロールと卵にまつわる謎をいくつか暴きましょう。

1)謎1: 血清コレステロール値はコレステロールの消費量によって著しい影響を受ける。食事で摂られたコレステロールが血清コレステロール値を著しく上昇させるという結論的な科学的裏付けはありません。コレステロールを高値にさせる他の因子、例えば、家族歴、肥満、飽和脂肪酸の摂取や運動不足なんかに比べればはるかに影響がすくない。

2)謎2: コレステロールが高濃度に含まれている食事を摂ると心疾患を進めてしまう可能性を高めてしまう。もう一度言いますが、食事で摂るコレステロールと心疾患の危険性の相関性を証明はされていません。どうして我々はこうも簡単に相関があると思うのでしょう?謎3を見てください。

3)謎3: 卵は心疾患の原因になる。卵の消費が血清のコレステロールレベルに著しく影響があることを示されたことはありません(謎1参照)。実際に、最近の研究では1日1個の卵を摂っても心疾患の危険率を上げませんでした。どうしてこのような卵とコレステロールに関する誤解を我々は持っているんでしょう?1970年代に、卵の摂取、血清コレステロール値と心疾患や卒中との間に間違った関連性を示したために米国心臓鏡会(AHA)が卵の制限を推奨したためです。それ以来、マスコミも、医療関係者もコレステロールと卵は悪い物だという考えにしがみついていたんです。しかしながら、これら初期の研究では被験者になった人が過度の飽和脂肪酸の摂取、果物や野菜そして全粒穀物の不足をいう因子を熟慮していなかったんです。言い換えれば食事で摂るコレステロールだけ犯人扱いされるのはフェアーじゃありません。

4)謎4: 卵には何の取りえも無い。
卵って言うのは、なんていうか現代の栄養士は「機能的食品」と呼んでいます。何も栄養価を高められていないし強化もされてないが基本的に栄養に必要なレベルを超えている食品です。良質のタンパク質や非常に高濃度の栄養素(ビタミンDやK)が含まれています。さらに、カロチノイド化合物が含まれています。これは筋肉の変性、一般的に目の状態が悪くなり視力が落ちるのを防いでくれる効果があります。

いったい高コレステロールの人にとってこれはどういう意味があるんでしょう?まず最初に、コレステロールを高値にさせている可能性がある原因について医師と話し合ってください。もし家族に心疾患を患った方がいらっしゃれば、医師が脂肪制限をするために低脂肪食をすすめたり、薬を摂るようにすすめるでしょう。もし家族歴がないのであれば、サウスビーチダイエットを続けることで血管の化学的改善が見られるでしょう。同時にコレステロールレベルも下がってきます。ω3強化卵を食事に加えることに関して言えば、なぜいけないの?助けになるだけです。

|
|

« The South Beach Diet 49 | トップページ | The South Beach Diet 51 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/5747330

この記事へのトラックバック一覧です: The South Beach Diet 50:

« The South Beach Diet 49 | トップページ | The South Beach Diet 51 »