« The South Beach Diet 10 | トップページ | The South Beach Diet 12 »

2005年7月 1日 (金)

The South Beach Diet 11

次に紹介する記事は最近のトップ10Q&Aの一つである。
The following article is one of the recent Top Q&As.

Ask Dr. Agatoston(Dr. Agatstonに聞く)

外食の心得
Strategies for Eating Out?

Q: レストランで食事を取らないといけない時どうすればいいんでしょうか?近いうちに何度か外食をしなければならないんですが、何を食べたらいいのか心配です。 - ドナ

A: 健康的な食事をする人にとって、外食が一番の難敵になっていることでしょう。メニューにある品がどんなに健康に良さそうに見えても、本当に何が含まれているのか正確に判断することは不可能です。しかし外食をしないというのも無茶なことで現実的ではありません。外食を止めるのでは無く、私が実感して最善である7つのシンプルな方法に従ってみてください。

1.最初に軽く食べておく。 レストランで食事を取り始める前、20分から1時間前に軽いタンパク食を摂っておけば、テーブルについて食事をオーダーするとき、たくさん食べたいという気持ちを抑えてくれます。低脂肪のチーズスティックや一掴みのナッツなんかどうでしょう。

2.パンはパスしましょう。 食事の前にパンを食べても空腹を満たすことはありません。 - 急激に血流を増やし、その後の空腹感をより強めてしまいます。もし、同伴者が気にならないのであれば、ウエイターにパンを下げてもらうように頼んでください。

3.スープをオーダーする。 コースの最初の品をスープにすることはいいアイディアです。クリアスープやコンソメスープがいいですね。スープを最初に摂れば、お腹を満たし始めるし、一緒に食事をする人がアプタイザー(前菜)を楽しんでいる間、気にならなくて済みます。

4.水を飲む。 テーブル席に着いたら、できるだけ直ぐにウエーターに水を頼んで、食事の間はちょっとずつ飲み続けてください。まあ、ちょっと変化をつけて、1杯か2杯の赤のグラスワインを食事の間に飲むのもいいでしょう。

5.白いご飯とポテトを断ってください。
 ほとんどのレストラン(洋食です)では、主菜にデンプン質の副菜(ご飯やイモ)が添えられています。これらのデンプン質の副菜の代わりに、野菜が添えられないかどうかウエイターに聞いてみてください。驚くことに、最近はほとんどのレストランで喜んで代えてくれます。

6.ソースについて聞いてください。食事メニューを精読するようにして、食事についてくるソースについての知識もつけてください。ソースには、意外にも脂肪や砂糖が含まれています。Beamalse(わかりません何でしょう?誰か教えて)、ボルドレーズ(赤ワインとエシャロットで風味をつけた牛の骨髄とパセリを添えたブラウンソース)、オランディズソース(卵黄、バター、レモンジュースに調味町を加えて作るマヨネーズに似たソース)は避けてください。代わりに、グリルしたものやブロイル(あぶり)したものを選んでください。 - もし、ソースが一緒に運ばれてくるようでしたら、ワインかブロスをベースにして作られたソースを選んでください。

7.揚げ物は避けてください。 揚げ物の代わりにロース、ブロイル、ブレイズ(蒸し焼き)、焼き物、ボイル、ソテーされた食事を選んでください。

|
|

« The South Beach Diet 10 | トップページ | The South Beach Diet 12 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/4774170

この記事へのトラックバック一覧です: The South Beach Diet 11:

« The South Beach Diet 10 | トップページ | The South Beach Diet 12 »