« Comment on SBD 2 | トップページ | The South Beach Diet 7 »

2005年6月24日 (金)

The South Beach Diet 6

Ask Dr. Agatston (Dr. Agatstonに聞く)

アトキンス・ダイエットから変更するとしたら?
Switching From The Atkins Nutritional Approach?

Q: 私はアトキンス・ダイエットに取り組んで4週間経ちました、その間ケトーシス(知らない人は、何の事か訳がわかりませんよね。これはいずれ説明します)の状態を維持できていました。SBDに変更するとすれば、フェイズ1、フェイズ2のどちらから始めればいいんでしょうか? - バーブさん

A: アトキンス・ダイエットをやめようとしていれば、高度に加工された炭水化物や糖質によって引き起こされる急激な食欲(Craving)を抑えることに成功していることでしょう。そんな場合は、SBDのフェイズ2から開始する事をお勧めします。次に待っているチャレンジは、炭水化物無しと脂肪だったら何だっていいという食事に、再び良い炭水化物と良い脂肪を加えるということです。

SBDがねらっているのは、赤身のお肉や低脂肪乳製品を選んで摂ることで、飽和脂肪酸を制限することです。また、あばら肉や乳脂の多い食品もやめた方がいいでしょう。でも、良い脂肪はたくさん摂るようにしてください。良い脂肪とは、「オリーブオイル」や「なたね(キャノーラ)油」なんかで、これらは本当にゆっくりと体重減少に効果があります。

炭水化物を拒んではいけません。 - 拒む代わりに、全粒穀物と精製小麦粉食品との違いを知ってください。また、果物を食事に加えるようにしてください。良い炭水化物を加えるということは、単に重要な栄養素である食物繊維、抗酸化物質、ビタミンやミネラルを補給するだけではありません。良い炭水化物を加えると、変化があって楽しいメニューを作ることできるんです。

フェイズ1からフェイズ2に変わるときや、アトキンス・ダイエットからフェイズ2に変更する時に関していえば、非常に大事なことは炭水化物を時間をかけて戻していくということです。もし、戻しかたが早すぎると減量が止まってしまうし、急激な食欲(Craving)も再び起こるでしょう。一度に一種類の炭水化物を戻すようにして、体がどのように反応するか確かめるようにしてみましょう。もし、急激な食欲(Carving)が戻ってしまったら、急激な食欲を起こさない炭水化物がわかるまで、次々と炭水化物を変更してみてください。

覚えていて頂きたい事は、SBDを実践している間にケトーシスを経験することはありえないということです。アトキンス・ダイエットで経験するような急激な体重減少を期待はできないでしょう。しかし、健康的でバランスのとれた食事をすることで健康的な生活を維持していくということになります。

|
|

« Comment on SBD 2 | トップページ | The South Beach Diet 7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/4689259

この記事へのトラックバック一覧です: The South Beach Diet 6:

« Comment on SBD 2 | トップページ | The South Beach Diet 7 »