超10!× Life-LOG

46860_cho10

Myself_comic_touch[Official Info]
クリニックの診療情報や診療時間

香川県 高松市 田井メディカルクリニック(旧:田井外科胃腸科医院)の院長の屋台ブルーです。20代後半、大学勤務時代の不摂生な生活から体重は70kgを越え、30代で84kgまで増えました。(クリックしてね、太っていた頃の写真はここにあるよ) (現在の痩せた体型と比較写真)。

「これじゃいけない」、40歳前に奮起、25kgの減量から走り始め、今では100キロ走れるウルトラランナーになりました。

自分の減量経験と日本抗加齢医学会専門医の立場から積極的なダイエット指導をしています。

四国UMML所属のUMMLer(アムラー)として大会活動のお世話、また平成22年度から   体育協会公認スポーツドクターとして積極的に地域イベント(まちかど漫遊帖2016年春編)に参加しています。地域プロジェクト、香川の人を元気にする超10!プロジェクトでもコラムを連載しています。

ゲストライター、fumixieさんが翻訳に関わり、屋台ブルーが裏表紙に宣伝を書いた話題のハイバーネーション・ダイエット日本語版が読めるようになりました。

  1. 冬眠式[プラス]ハチミツダイエットの発売
  2. ゆほびか 2011年 02月号にハチミツ冬眠ダイエットの記事
  3. 学研FYTTE 2011年 05月号にハチミツダイエットの記事
  4. わかさ 2018年 06月号にハチミツ睡眠イエットの記事

健康に関するトラックバックは受け付けていますが、Life-LOGへのリンクの無い場合は公開していないのでご了承ください。また、管理者が気に入らないコメントも勝手に削除します。

| | トラックバック (0)
|

2018年4月19日 (木)

はちみつ睡眠ダイエット再び!

久しぶりにダイエット関係の記事が4月16日発売の雑誌わかさで取りあげて頂きました。

ハチミツはあくまでも快眠サポートのツールです。睡眠のゴールデンタイムは午後10時から午前2時なので、この4時間の間に睡眠初期の深い眠り、質のいい徐波睡眠を導いてやるためです。

ハチミツを摂れば、当然血糖が上昇します。しかし勘違いしないで下さい。血糖はある程度上昇して維持された方がいいんです。

外国産のハチミツを摂取すれば、一過性に血糖値は上昇するのですが短時間で是正されます。元に戻るというより、摂取後30分から1時間の間に軽度の低血糖が生じるんです(インスリン分泌の正常な人)。

外国産のハチミツ接種時の血糖値の変動だけみると大きな変化がなく安定しているように見えます。しかし、血糖を低下させるホルモン、インスリンの変動を同時にみると、摂取直後からインスリン分泌のサージ(過分泌)がみられます。これが摂取後30分から1時間の間に生じる軽い低血糖(反応性低血糖)が導かれる理由です。インスリンの過分泌は身体に負担がかかり睡眠に悪影響をもたらしてしまいます。

これに反して、国産ハチミツを摂取した場合、インスリンの過分泌が引き起こされ無いんです。したがって、血糖値はマイルドに上昇して1時間ぐらい上昇した状態が続いて2時間ほどで徐々に低下します。

適度な血糖値が上昇した状態は深い徐波睡眠に入る条件になります。ダイエット一番重要な睡眠は睡眠初期の徐波睡眠で、夜間に分泌されるホルモン分泌がピークになる午後10時から午前2時の間に睡眠をとることが快眠のポイントです。

何度も言いますが、この記事の効果を得たければ国産ハチミツを摂るようにして下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年3月25日 (日)

ライティングダイエット:文献レビュー

ライフログ・オーガナイザー:屋台ブルー

口にする物を全て記録に取るといいでしょう。

何を食べているのか正確に知る方法として、フード・トラッカーと呼ばれる色々なアプリも利用するのもいいかもしれません。アプリが無くてもスマホで写真を撮り続けるのもいいし、昔ながらの紙ベースで記録してもいいでしょう。何にせよ、それらを利用して一日に摂取した食事の記録を振り返ることが重要です。振り返ることでその日1日でどれだけのカロリーを摂ったのか、炭水化物(糖)は摂りすぎていないか?タンパク質は十分摂れているか?食物繊維は?ビタミンは?など客観的に見返すことができます。

Life-LOGの記事でも「Writing Diet(ライティングダイエット)」というキーワードでいくつかの記事を紹介してました、かなり古い記事の紹介なので、少しアップデートした内容を紹介します。

J Am Diet Assoc. 2011 Jan;111(1):92-102. doi: 10.1016/j.jada.2010.10.008.

1993年から2008年までの報告をまとめたものなので、今時のSNSを使ったセルフモニタリングの方法は含まれていないんですが、自分で記録をとっているとダイエットも上手くいくようです。

私のダイエット外来指導でも食事の記録をしてもらっています。そういえば、食事記録をちゃんと続けている人が減量できてますね。

ライティング・ダイエット関連記事

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年1月 5日 (金)

2018年1月

明けましておめでとうございます<(_ _)>

昨年は全くブログの更新ができず情報発信ができていなかったので今年はしっかり伝えていくつもりです。ブログの内容は健康に関する情報に拘ることにして、クリニックに関する情報はオフィシャルサイト( http://www.tai-med-clinic.jp/ )でお知らせしていきます。今年はクリニックの一部改装もする予定で、プライマリケア医として地域医療への貢献と日本抗加齢医学会専門医として予防医学への取り組みをすすめていきます。

これからもよろしくお願い申し上げます。

田井 祐爾 info@tai-med-clinic.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年12月30日 (土)

2017年の総括

ライフログ・オーガナイザー:屋台ブルー

とうとう今年の投稿はこれだけになりました(汗)。昨年書いた「2016年の総括」を読み返してみると、なんとか迷いから抜け出すための方向性はみえてきたように思えます。

50代で掲げた肉体および知的活動によるアンチエイジング活動を、そのまま仕事面につなげて予防医学の推進に方向性を進めています。プライマリーケアとしての地域医療も重要ですが、予防医療(日本抗加齢医学会専門医を今年更新)を推進して地域医療へ貢献することも私には合っています。自分自身の健康活動を推し進めることでこれからの時代を生きていく若い世代の手本になればいいと思っています。

泳げない状態から始めたスイミングも辛うじて続けていて、プールで1km位は楽に泳げるようになりました。まだまだ競技レベルではありませんが、ロードバイクと絡めたトライアスロンへの挑戦は50代の課題としています。

知的活動のSwiftプログラミングも3年目になりましたが、言語仕様の変化が早く(Swift 4になったんでメージャーアップデイトが4回目)、付いていくのが大変ですが続けています。さすがに3年勉強を続けると概念的な部分はかなり理解できてアプリケーション設計に興味が持てるようになりました(未だ自分のアプリの発表できていませんが(^_^;)。決してプログラミングも諦めている訳ではありません。

そして今年はランニングも原点回帰して走力の維持に努めました。10年かけて達成したウルトラマラソン(100kmマラソン)、サブテンを再び達成することができたんです。フルマラソンでも3時間半を切りました。

2017年02月19日:高知龍馬マラソン2017:3時間26分55秒

2017年09月24日:北緯40°秋田リゾートカップ100キロチャレンジマラソン:9時間52分59秒

年間3000kmも走っていない(2800km位)状態で走力を維持できたことに満足しています。将来目標は80歳でウルトラマラソン完走なので、できるだけ故障をしない練習に拘っています。40代の頃は走行距離が月500kmぐらいの月もありました。しかし、今年は月300kmにも満たない距離しか走らなかったので、加速度トレーニングマシーンであるパワープレートを取り入れ、仕事の合間に30分位の筋力、バランス、ストレッチ運動に取り組みました。また、ドクターサプリも自ら摂ることで肉体改造に取り組み始めた年にもなりました。

そして、今年最後の身体計測時に目標にしていた骨格筋量が30kgに達成したんです。

Photo_3

来年に向けて更に肉体改造を進めていく予定です。最近、見た目のアンチエイジングも重要ではないかと考えるようになりました(まだまだ勉強不足なので来年からの課題です)。衰えに抗うことで、人生最後の瞬間まで希望を持った生き方をしていきたいですね。

そして更に言えば、来年の課題はブログの更新もありますね(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年12月31日 (土)

2016年の総括

ライフログ・オーガナイザー:屋台ブルー

昨年と同様、今年もブログの更新があまりできませんでした。年齢が50代に入って、今更ながら人生に迷いを感じています。天命を知る年齢に達し、その域に到達できない未熟さを若さと考えるのは安易とは思いつつ、身体の若さを維持するアンチエイジングな生き方が精神面へ影響していると楽観的に考えていきます。

40代の目標をクリアして、50代で掲げた新たな目的に歩み始めた昨年、肉体的な鍛錬と知的な鍛錬を始めたつもりでした。しかし、今年は意気込みが空回りしたような進歩の無い1年になりました。

3年前に泳げない状態から始めたスイミング、やっと泳ぎに慣れてくるレベルに達するのみで、競技レベルには程遠い状態です。

知的活動として取り組んでいるプログラミングも2年目に入っていますが、まだ一般に公開レベルにも達していません

今年は、ある意味挫折した1年でした。でも意地になって続けていて踏ん張らなければならないと思っています。

来年に繋げる1年として活動していこうと思っています。今年は先輩からロードバイクを譲り受け、トライアスロンへの挑戦も生まれました

仕事面での新しい試みは、自由診療でサプリメント外来を導入しました。長い間サプリメント否定派の立場をとっていましたが、2015年4月から機能性表示制度が解禁され、無秩序なサプリメントの宣伝が横行し始め一般消費者に混乱を生み出しているため、正しい知識の啓蒙や私自身が服用し信頼しているドクターサプリを扱い始めました。専任のメディカルサプリメントアドバイザーによるサプリの選択にも力を入れています。

そして、私自身も積極的に実践しているのですが、効果的に運動療法を実践できる加速度3次元高速振動で実現する加速度トレーニングパワープレートも導入しました。

Signboard_2

このパワープレートを使ったトレーニング、東京で利用するのに、週1回の利用で月3万円ぐらいかかります。しかし、私のクリニックでは、通院患者さんに料金は発生しません。非常にお得なサービスで利用できるため利用者が急増しています。興味がある人はクリニックに連絡してください。

私自身の今年の目標は、シックスパックの腹筋を目指し、ウルトラマラソンは自己記録を再び目指し、トライアスロンへの挑戦も視野にいれて行動します。そして、Appストアにオリジナルアプリを公開する予定です。

アンチエイジング、身体的にも知的にも実践し、少しでも形にしていきたい1年としたいと思っています。興味があればブログを注目してください。

では。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2016年5月27日 (金)

食事の記録をつけると減量の助けになる

文:屋台ブルー & ライフログ・オーガナイザー

ちょっと昔にレコーディングダイエットが流行りました。私も「ライティングダイエット」を広めようとしたことがありました。

「食事の記録をつける」というアプローチは、今ではダイエットの基本です。記録をつけることで、自分のダイエットに向かう姿勢も認識できます。本当にダイエットに取り組むつもりなのかどうか気づきが生まれるんです。そして、毎日の食事の内容を事細かく記録する人ほどダイエットが上手くいくという報告があります。

Burke LE, Wang J, Sevick MA. Self-monitoring in weight loss: a systematic review of the literature. J Am Diet Assoc. 2011;111:92-102.

食事の記録をつけることは、毎日の食事量や摂取カロリーを知るだけでなく、どういう時にどんな食べ物を口にしているのか、今まで気がつかなかった食事パターンが見えてくることがあります。

食事の記録に必ず飲み物の記録も加える必要があります。摂取カロリーに含まれる飲み物の占める割合は意外に多いからです。欧米のデータによると、清涼飲料水{ソフトドリンク}なら1日の全摂取カロリーの5.4%、ミルクは4.5%、アルコールは3.7%を占めているという報告があります。

Huth PJ, Fulgoni VL, Keast DR, Park K, Auestad N. Major food sources of calories, added sugars, and saturated fat and their contribution to essential nutrient intakes in the US diet: data from the National Health and Nutrition Examination Survey (2003-2006). Nutr J. 2013;12:116.

自分の食事パターンが明らかになりダイエットに取り組むことで変化が見えれば減量の助けになります。

私の食事指導を受けている患者様はFacebookの秘密グループ「TMCダイエットサポート」で食事の写真をポストして頂いていますが、実はこういう理由からです。

今日はこれだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年5月26日 (木)

退屈になったらジャンクフードの量が増える

文:屋台ブルー & ライフログ・オーガナイザー

禁煙をして半年で体重が5kg増えて怠いから再喫煙したいという患者様が昨日受診されました。ダイエット指導希望という訳で無く他の慢性疾患の管理をしている人なんですが話を伺いました。

禁煙をしたら甘いものが欲しくなって止められなくなりました。でも、仕事もハードなんで運動は絶対したくないです。朝起きるのが辛くて朝食は摂らず昼食と夕食はしっかり食べていて、禁煙を始めてから夕食に一品おかずが増えました。趣味はDVD鑑賞で、休みの日はお菓子を食べながらDVDを観てリラックスしています。痩せたいけど、今の生活は変わらないです。

こういう人は周りに沢山いると思います。皆さんもそうかもしれませんね。実は「甘いもの{ポテチのようなジャンクフードも含まれます}を止める気は無い!」と断言するほど、ジャンクフードに依存していると言えます。

「ジャンクフードに依存?」と疑問に思われる人もいると思いますが、高炭水化物で高脂質な食材{ジャンクフード}を摂取することで脳内報酬システムにおいてドーパミン分泌を高め満足感を感じるため、自分の欲求だけで行動するとジャンクフードを止めることはできません。この依存性は薬物依存で形成される依存性の強さと変わらないため「甘いものを止める気は無い!」と強い意思表示をしてしまうわけです。

彼女にアドバイスした内容に関して類似の内容をタイムリーに今朝読んだので紹介します。

If You're Craving Cookies, You Might Just Be Bored/クッキーが滅茶苦茶欲しくなったら、たんに退屈なだけかもしれない

文献のデータではなく、British Psychological Societyの2016年次総会での発表内容です。

2つの研究報告の結果を紹介していました。1つ目は52人の被験者に同じ文字を繰り返し写させる単調な作業をさせた後にどういう食事を好むか質問票に応えてもらうというもので、彼らはポテトチップ、スイーツ、そしてファーストフードなど不健康な食事を好むことが結果で示されました。

2つめの報告は、45人の被験者に退屈なビデオと面白いビデオどちらかを観てもらい、その間、不健康{ポテトチップなど}から健康{ナッツなど}な多種のスナックを提供した場合、退屈なビデオを観る人は不健康なスナックを選ぶ方が多いという結果が示されました。

これらの結果は今までの報告で示されている結果に一致するもので、退屈な状況に陥ると、脳内のドーパミン放出量が低下してしまい、それを代償するために高炭水化物で高脂質な食材を食べてドーパミン値を維持させようとしているのではないかと主要研究者のUniversity of Central LancashireのSandi Mann先生は説明しています。

そうです。もっと面白いビデオを観た方がいいというアドバイスです。お菓子をムシャムシャ食べている人は、退屈だと自分の脳が感じているのかもしれません。あらゆる生理的な反応を使ってあなたの脳はジャンクフードを食べさせようとします。上手に自分の脳を騙して負けないようにしましょう。

今日はこれだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年5月25日 (水)

ブロッコリーに含まれるコリン

文:屋台ブルー & ライフログ・オーガナイザー

毎日少しずつ知らないことを調べて書き溜めていく方法でブログを更新します。そのため情報がまとまらず中途半端になってしまうかもしれませんがご了承願います。

朝のニュースでブロッコリーの話題が出て気になったのでブロッコリーに関して少し調べました。ブロッコリーは私も毎日食するお気に入りの食材です。あの日野原先生もお勧めで葉酸の多い食材として知られています。

しかし、とある先生がブロッコリーはコリン(Choline)の豊富な食材なので取り過ぎると体臭の原因になるので注意が必要ですと仰っておりました。

さて、このコリンですが、米国では必須栄養素に位置づけられているんで私は欠乏しやすいんじゃないかと考えました。

少し古い情報ですが、以下の文献から、成人女性の推奨量が425mg/dayで、男性は550mg/dayになったようです。

Int J Food Sci Nutr. 2011 Mar;62(2):171-4.dos:10.3109/09637486.2010.523417. 
Use of canonical variate analysis biplot in examination of choline content data of some foods.
Alkan B, Atakan C.

コリンを食べ過ぎて、臭くなるという摂取量がどの程度かという事を考える前にコリンの生体での役割を調べてみます。こういうときはウィキペディアが役に立ちます

  1. 細胞膜の構造の保全と細胞シグナリングの役割
  2. アセチルコリンに合成され神経伝達物質としての役割
  3. 代謝経路(メチル基産生)への関与

生体機能維持のために非常に重要な役割を担っています。しかし、それ以上に摂取をすると身体はコリン自体を代謝してしまうようです。その代謝産物がトリメチルアミンで体臭の原因(魚臭)になるようです。しかも、その量が半端なく多いようです。10g/dayないし16g/dayのようです。

ではブロッコリーに含まれるコリンの量を調べてみました。ブロッコリーは19.0-40.0mg/100gという記載がありました。これが正しいのかどうか分かりませんが、30.0mg/100gとして考えると、ブロッコリーを1kg食べてもコリンの摂取量は300mgです。推奨量にも届かないレベルです。

結論として、ブロッコリーを食べ過ぎて体臭が悪化するなんてあり得ないということです。コリン摂取過多を心配する食材は他にあります。

今日はこれだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年5月24日 (火)

グレープフルーツで食欲を抑える

文:屋台ブルー & ライフログ・オーガナイザー

皆さん、お久しぶりです。

昨年の総括で今年はブログを再開させると宣言してて記事が無い状態でした。

当院での食事療法外来も細々ではありながらコンスタントに患者さんが来るようになっています。ここのブログを見て地元の人が来るようになったので、これからもブログは続けていきます。

多忙な毎日のため以前のようにじっくりと腰を据えて記事を書くことができないのでその日に気になった話題を簡単に紹介していきます。

さっそく、グレープフルーツの話題ですが、食欲を減退させるという話があったので出典を探してみました。

Auton Neurosci. 2014 Oct;185:29-35. doi: 10.1016/j.autneu.2014.06.005. Epub 2014 Jun 25. Olfactory stimulatory with grapefruit and lavender oils change autonomic nerve activity and physiological function. Nagai K1, Niijima A2, Horii Y3, Shen J4, Tanida M5.

このレビュー記事にグレープフルーツで食欲減退の可能性の話が説明されていました。実はグレープフルーツを食べて食欲減退ではありません。グレープフルーツの「香り」がキーワードでした。

アブストラクトしか読んでいませんが、グレープフルーツのフレーバー(Grapefruit Oil:GFO)が嗅神経を刺激して、交感神経系を賦活化することで白色脂肪細胞、褐色脂肪細胞、そして副腎と腎臓を活性化させるようです。逆に胃の迷走神経を抑えるということが、マウスとラットの実験から示されました。その結果、脂肪分解、熱産生、血圧上昇がみられ、食事摂取が抑えられるそうです。

しかし、あくまでも動物実験です。人で同じ事が言えるかどうか不明です。GFOの調整に視交叉上核とヒスタミンの関係性も示唆されていて、アレルギー薬を服用したらGFOの食欲減退がブロックされるかもしれませんね。

まあ、話半分ネタとして知っているといいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年12月31日 (木)

2015年の総括

文:屋台ブルー & ライフログ・オーガナイザー

2015年は、ここでの投稿が全く無い状態で終えようとしています。

今年1年を振り返って総括を書きたいところですが、今年はある意味、充電期間になってしまってアウトプットができ無かったことが悔やまれます。

今年50歳を迎え、充電期間なんて言える立場じゃないですが、人生が100年と思えば、まだ折りかえしに立ったところです。ここで守りに入るのは若すぎると思えたわけです。

実は私のプライベートなブログでこう話しました。

私は、そろそろ50歳になるオヤジ、普通なら仕事や家庭で安定した立場にあって、新しいチャレンジは必要ないと考えるかもしれない。しかし、医療従事者として現在の高齢化社会の問題点に対峙していると、さらに深刻になるであろう超高齢化社会の一員になることに憂虞せざるを得ない。「50歳や60歳で安定してはいけない。まだまだ学生と同じように新しいことに挑まなければならない。」という気持ちは強くなる。そう考えている人も多いんじゃないでしょうか。私は「40歳からのアスリート」というテーマで目標を達成でき、その過程で新しい仲間、そして生涯を通じた生きがいも得ることができた。これは自分の肉体の維持であり、知能の維持も重要なテーマになる。全く新しい刺激を加えると言うことで、「50歳からのプログラマー」というテーマを掲げることにした。最近、教養としてのプログラミング講座 (中公新書ラクレ)という本を読んだ。こういうプログラミングの本が売れていると言うことは、私のような50オヤジでプログラミングに興味がある人も多いのでしょう。全くの初心者オヤジが、iPhoneアプリを作ってApp Storeに登録できれば、話題性があるかもしれない。できるかどうか分からないが、このブログで記録を残しながら勉強を続けていくので、興味のある人はコメントをしてください。よろしくお願い致します。
2014年8月12日 屋台ブルー

50歳の事始めで、「スイミング」もしていて、ランよりスイムに時間を割いた1年になりました。ランニングは小休止といったところです。それでも地元テレビ局(KSB)のアナウンサーの荒木さんと第1回岡山マラソンを走れたのがいい思い出になりました。

12194898_10203399839235000_884140_2

彼女と一緒に練習

彼女とおかやまマラソンを一緒に走る

来年はライフログの活動を再開させます。

では皆さん、よいお年をお迎えください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

«2014年の総括